【体験談】看護師経験7年の現役訪問看護師が語る訪問看護の魅力


 

本記事では、匿名希望の現役訪問看護師さん(仮名Eさん、30代・女性)による体験談をご紹介します。

Eさんは、看護師の経験を7年詰んだ後、訪問看護のリハビリ部門に転職しました。

看護師経験を十分に積んでからの転職で、Eさんは何を思うのでしょうか?

訪問看護師に転職して良かった点」をテーマとしたEさんの体験談で、より具体的な訪問看護のイメージを持ちましょう!

 

画像出典:theguardian.com

 

【PR】
看護師さんで転職を考えている方は
こちらがオススメです♪

 

訪問看護の前提として

 

工夫次第で時間制限の問題を解決できる

 

病棟勤務では、分単位、場合によっては秒単位で時間を短縮して行動しなければならず、複数業務を常に同時進行しなければなりません。

それに対し、訪問看護での業務は、そのとき目の前にいる一人の方に集中する時間的余裕があります

また、多重業務で作業を途中中断する必要もありません。

確かに、利用者さんの家から家へ移動する間は道に迷ったり遅刻したりしないよう時間に気を使うし、

限られた時間の中で必要なことをしなければいけないという時間的制限はあります。

ただし!

同じ時間的制限でも、訪問看護の場合は、基本的に業務の仕方次第で解決できるものです。

病棟ではどんなにベテランの方であっても他の手を借りないと回りきれない、ということは多くありました。

 

訪問看護師に転職して一番よかった点とは?

 

あきらめなくてもよくなった

 

ですから、訪問看護をしていて良かったと思った出来事を聞かれると、

病棟勤務時に経験した「歯がゆさ」を解消出来た時のことが思い浮かびます。

 

例えば、もっと時間をかけて丁寧に爪やすりをかけてあげたい、ゆっくりお話を聞きながら足浴したい、

本人のペースに合わせて離床の援助をしたい、満足いくまでゆっくり湯船につかってもらいたい…

 

こうした看護方法は、病棟ではやりたいと思っていても当たり前のように諦めなければいけなかったこと

しかし、訪問看護では自分の時間の組み立て方の工夫次第でいくらでも可能に出来ます

この点は、訪問看護の醍醐味であり、わたしにとって訪問看護に転職してよかったと思える点です。
▶ 次ページへ:特に思い出深いエピソードは??

 

【PR】
看護師さんで転職を考えている方は
こちらがオススメです♪

 


関連する記事


【体験談】病棟看護師からだと不安? 転職前に知っておきたい訪問看護師の仕事

昨今、看護師の転職先の選択肢の一つとして訪問ナース(訪問看護師)という選択肢があります。ですが、どうやら色々な側面から訪問ナースは少しネガティブイメージが強いよう。実際の現場では訪問看護師はどのようなものなのか、「不安あるある」に沿って述べていきたいと思います。

【体験談】訪問看護師に50歳で転職して反省・後悔したこと

「アラフィフ」になり、夜勤がある病棟勤務が体にこたえるようになったころ。50歳の時に訪問看護に転職。管理者としての転職だったのですが、出来れば「もう少し若い間に転職していればよかった」と後悔している体験や所感についてお話します。

【体験談】訪問看護師に26歳で転職したときに行った4つの工夫@yukimama

yukimamaさんによる体験談記事です。高校卒業後、看護大学に通って22歳で看護師・保健師資格を取得。4年間北海道の某病院の病棟勤務を経験した後、結婚を機に上京し、ゆったりと仕事をしたいと思い、訪問看護の道を選んだ彼女が訪問看護師に転職した際に行った工夫を、4つにまとめていただきました!