ホスピスナースが目指すべきは「症状緩和のエキスパート」 by ラプレツィオーサ伸子
あなたの「新人」の定義は何ですか? アメリカでのホスピスナース経験(中堅編)

その人らしい最期を迎えるための「在宅ホスピス」の現状:なぜ普及率が低いのか?

アメリカでのホスピスナース経験 (駆け出し編) ~わたしの仕事に対する姿勢が変わった理由~

看護師がホスピスで働くということ〜最期まで自分らしく生きる為のサポートとは〜

「わたしはホスピスナースです」という自己紹介の意味 byラプレツィオーサ伸子

わたしがアメリカで在宅ホスピスナースになるまで byラプレツィオーサ伸子