【体験談】患者の「こころ」を支える精神科の看護師の役割とは?


 

精神科は一般科と違って「こころ」のサポートがメインになってきます。

こころのサポートをする看護に答えはありません。

答えがないからこそ、あらゆる計画を立て模索し、精神科看護を展開していきます。

そんな精神科看護の役割について、体験談も含ませながら病棟別にみていきたいと思います。

 

【体験談】患者の「こころ』を支える精神科の看護師の役割とは?

画像出典:cdn.firespring.com

 

【PR】
看護師さんで転職を考えている方は
こちらがオススメです♪

 

精神科病院における開放病棟

 

開放病院:精神症状が落ち着いている患者様が入院する

 

開放病棟』は精神症状が落ち着いている患者様が入院しています。

地域への社会復帰を目指して治療が行われているため、病院によっては社会復帰病棟とも呼ばれています。

精神科患者様の受け皿は、残念ながらまだまだ遅れています。

そのため社会的偏見が根強く残っています。

このような状況の中。社会への架け橋として開放病棟では退院支援委員会が定期的に開催されています。

社会に適応できるように、看護師はご家族への支援、退院後の支援等も行っていきます。

開放病棟の看護師の役割は、社会への架け橋役ともいえますね。

 

画像出典:static1.squarespace.com

 

▶ 次ページへ:精神科病院における閉鎖病棟について

 

【PR】
看護師さんで転職を考えている方は
こちらがオススメです♪


関連する記事


【体験談】看護師が精神科で働くからこそ得られる「こころ」や「家族の大切さ」とは? 

精神科で働く看護師は、日々の何気ない生活がいかに大切であると、気付く機会が多いのではないかと思います。当たり前である平凡で単調な生活ですが、精神疾患で病んでいる人たちは、このような当たり前の生活が突然遮断されてしまうのです。そんな患者様に寄り添い働く看護師だからこそ得られた学びを今回はお話ししたいと思います。

精神科の看護師の業務において必要な3つのスキルとは?

精神科は楽な仕事ではありません。時代が変わり、転職先に精神科を希望する看護師が増えています。一般科に比べると楽だからという理由だけで精神科を選択肢に入れてしまうと、後々後悔することにもなってしまいます。本記事では、精神科看護師の業務で必要とされることについて、経験者の立場から触れていきます。

【体験談】看護師の私が夜勤でくぐり抜けた修羅場エピソード

看護師をしている以上、避けて通れないのが「夜勤問題」。生活サイクルが一般の方と違うことによって生じる弊害や、夜勤のしんどさが理解してもらい辛いしんどさなど、「夜勤をする生活」自体がまねく困った事態もあります。看護師6年目の時に経験した、そんな修羅場をご紹介したいと思います。