正しい体位変換の方法とは〜3つのシーンに分けてご紹介します〜


【体位変換の方法】 仰臥位から座位・端座位

 

(1) 確認事項

 

この動作を行うには、寝返るのに十分な空間を確保していることが必要です。

膝から殿部までの距離は、殿部からベッドの端までと概ね同じ距離を保ってください。

また、てこの原理や頭を上げること、健側の上肢、下肢、腹筋を使うことで動作がスムーズになります。

ただし、障害や虚弱の高齢者には難しい場合もあります。

また利用者全員に吐き気やめまいがないか、確認が必要です。

 

褥瘡原因寝たきり

画像出典:athome-kaigo.jp

 

(2) 仰臥位からの一部介助

 

  • ①両下肢を支え、ベッド端から両足が少し出るようにします。
  • ②利用者の頸部へ腕を差し込み、利用者の肩甲骨周辺を支えます。
  • ③片手で利用者の前腕(肘・手首の中間)を軽く押さえ、ゆっくりと状態を起こしましょう。
  • ④下肢を整え、床に足底が着くように支えます。

 

画像出典:blog.canpan.info

 

(3) 側臥位からの一部介助

 

  • ※麻痺側を上にした側臥位になります。
  • ①曲げた両膝を引き寄せ、ベッドの端に両足を位置します。
  • ②介護者は、利用者の麻痺側の肩と腕を前方に保ちながら頭を持ち上げます。(または、利用者の健側の肘をてこにして、麻痺側の肩甲骨を支えます。)
  • 同時に、両足を下ろし、健側の肘と前腕・手掌を使って状態を徐々に起こします
  • (麻痺側を支えていた介護者の手を利用者の健側前腕に移動し、軽く支えます)。
  • ③介護者は、肩から手を離し、骨盤を下方または後方に押し、起き上がらせます。膝は利用者の下肢を支えましょう。

 

体位変換のコツ、側臥位

画像出典:kaigo.osweb.jp

 

体位変換の方法〜まとめ〜

 

利用者にとって、移動すること・座ることは、自立を図るための一段階です。

介護者は、次への動作につながる介助が求められています。

利用者がベッドから転倒してしまうような危険性を回避したりベッドから車イスへ移乗できるように、麻痺や痛み・環境に配慮しながら、安全・安心を保つよう心掛けていきましょう!

 

【PR】

介護職でスキルアップを目指すなら

こちらがオススメです♪

 

 

この記事はいかがでしたか?

・週一回なら、まぁ見てもいいかな♪
・わざわざ情報を探すのが面倒・・・
・会員特典がどんなものか気になる

といった方は是非ご登録をお願いします!!

 

下記リンクからの無料会員登録で、

メルマガ受け取り@毎週土曜日

診療報酬改定まとめ資料受け取り

などが可能になります!!

(もちろん、わずらわしい情報は一切お送りしませんよ♪)

 

メルアドだけの簡単登録!

 

会員限定資料の一部を見てみる

 

☆関連お役立ち情報☆
 

体位変換で介助者が褥瘡(じょくそう)を予防するための3つのポイント

トイレ介助のコツ

移動・移乗介助のポイント

【K-WORKER 山上所長インタビュー第1回】全員車いすで仕事!?被介護者の〇〇に着目するワケ

☆おすすめのまとめ記事☆
 

【訪問看護転職体験談まとめ】世代別にまとめてみました!

【訪問看護に係る診療報酬改定2016まとめ】訪問看護に関する改定、まるわかり!

【看護師スキルアップ術まとめ20選】3種の看護スキルでQOLを最大化!

 

★ここまでで分からない用語はありませんでしたか? そんな方は・・・

 

ビーナース在宅用語集で確認!!

 

 


関連する記事


ブレーデンスケールとは〜褥瘡の発見を早める為のリスクアセスメントツールです〜

2018年度には診療報酬と介護報酬の同時改定が行われ、訪問看護の重要性はますます高まってきます。ビーナースではこれまで訪問看護においても重要な褥瘡についての記事をたくさん執筆させていただきました。今回は褥瘡のリスクアセスメントツールとしてよく使われているブレーデンスケールについてご紹介させていただきます。

褥瘡を予防するための看護計画 〜リスク把握はできていますか?〜

褥瘡は皮膚の一部がただれたり潰瘍ができるだけではなく、真皮や骨にまで達するほど悪化する場合もあります。一度できてしまうと治癒に時間がかかり心身ともに負担がかかります。褥瘡に関わる看護ケアについては「予防」と「治療」の観点がありますが、今回は「予防」の視点からお伝えしていきます。