【体験談】先輩看護師はこんな時に新人にイラッとする!

 

誰もが通ったイバラの道、新人時代。

自分も来た道だ、そう思えばむやみやたらと叱るようなことはありません。

けれども目をつぶれないこともしばしば。

新人さんとの毎日は、先輩の立場でも険しい道に思えます。

先輩ナースが新人さんにイラッとする瞬間をまとめてみました!

これさえ守れば、明日から怒られることはないかもしれませんよ♪

 

【PR】
看護師の転職を考えている方は
こちらがオススメです♪


画像出典:huffingtonpost.com

 

【先輩看護師が後輩にイラッとくる瞬間】努力する姿勢が感じない時

 

・わからないことをそのまま放置する

 

分からないことがあったら聞きます、それは普通です。

聞いたことはメモする、ここが大切だと思うのです。

とにかくメモせず繰り返し聞く、そういう新人さんが目立ちました。

先輩にさじを投げられても努力しない、なぜ、少しでも自分の問題を改善しようと取り組まないのか、何度か話す機会を設けましたが「説教おばさん」とあだ名がついた時点で私もプッツン。

褒めて伸ばすことは素晴らしいことですが、社会人になった以上、努力する姿勢くらい見せないと褒めるどころか、誰も相手にしなくなっていくのです。

 

画像出典:lifechoicepcc.org

 

【先輩看護師が後輩にイラッとくる瞬間】職場に合ったおしゃれを!

 

・身だしなみも看護の基本!

 

ピアスなど、先輩が恐ろしくてつけようとも思いませんでしたし、それが感染予防や事故防止に繋がることは、新人研修で学ぶ基本です。

ですが、新人さんの中には堂々とピアス、指輪、チラ見えネックレス…といった具合におしゃれをして出勤してくる方が割といるのも現実です。

 

・身だしなみは自分で考えよう!

 

風紀係の私は「◯◯さん、あのね、そのピアス…」言いかけた私に、

「あ、これですか?◯◯〔ブランド名〕のですよ、かわいくないですか?」

無邪気な笑顔に、うん、かわいいね…とそこで終えてしまった私でした。

その後、風紀委員的な先輩にネチネチと説教を食らう姿を見かけ、なぜ自分で気付けないのだろう?と、叱られた愚痴を聞かされながらイライラしたものです。

 

画像出典:lifechoicepcc.org

 

【先輩看護師が後輩にイラッとくる瞬間】業務は元気よく、返事をしっかり!

 

・新人さんは、フレッシュで、明るく!

 

新人看護師はその存在だけでもかわいがられるものです。

性格は人それぞれですから、おとなしいタイプの方もいるでしょう。

就職したての頃は緊張もありますから、性格を理由に理不尽なことを言う人はいません。

ですが、返事をしない、覇気がない、これは性格以前の問題で、チームワークで成り立つ看護に大きな影響をもたらします。

 

・こちらが何か説明しても、相づちがない。

 

「大丈夫?何か質問はある?」このような問いかけに、「はあ、まあ、特に…。」

そんな返事が返ってきたら、どんな職場でも相手をイラッとさせてしまいます。

媚びを売る必要は一切ありませんが、相手を気遣う気持ちは、患者さんと接する上でも必要なコミュニケーション技術であるため見直すべきだと思います。

 

画像出典:medicalnewstoday.com

 

【先輩看護師が後輩にイラッとくる瞬間】気遣いを感じない瞬間

 

・先輩への質問のタイミング

 

自分が新人の時、忙しく動く先輩方にものを尋ねることは大変神経をすり減らすものでした。

ですが、勝手なことをする勇気の方がなかったため、ストーキングしてはチャンスを見計らい、指導を受ける、の繰り返し。

先輩はタイミングを考えずに質問してくる私にとてもいらいらしていたことでしょう。

 

・自発的な行動を!!

 

先輩であるこちらから声を掛けないと全く尋ねてくることがなく、何も言われなければ永遠と資料を読んだり情報収集しているのです。

ここは、学校じゃないんだけれど…。

職人さんのように目で見て盗め!とは言いませんが、せめて自発的に行動に移してもらいたいです。

誰かがなんとかしてくれるだろう、なんて気持ちではここではやっていけません。

 

先輩看護師が後輩にイラッとくる瞬間〜まとめ〜

 

自分の新人時代のことはだいぶ棚に上げてのお話でしたが、いかがでしたでしょうか?

もちろん新人看護師さんだけが悪いということはなく、お互いが努力して行かなければいけない問題だと思います。

お互いが『思いやり』を持って、より良い職場にしていきたいですね♪

【PR】
看護師の転職を考えている方は
こちらがオススメです♪


この記事はいかがでしたか?

・週一回なら、まぁ見てもいいかな♪
・わざわざ情報を探すのが面倒・・・
・会員特典がどんなものか気になる

といった方は是非ご登録をお願いします!!

 

下記リンクからの無料会員登録で、

メルマガ受け取り@毎週土曜日

診療報酬改定まとめ資料受け取り

などが可能になります!!

(もちろん、わずらわしい情報は一切お送りしませんよ♪)

 

メルアドだけの簡単登録!

 

会員限定資料の一部を見てみる

 

☆関連お役立ち情報☆
 

【管理職の看護師特有の悩み5選】普段なかなか聞けない悩みを赤裸々にご紹介します

【体験談】こんな時医師にイラッとする!看護師さんのイライラポイントをまとめました

新人・先輩両方の観点で考察!プリセプター制度と上手く付き合うポイントとは?

☆おすすめのまとめ記事☆
 

【看護師スキルアップ術まとめ20選】3種の看護スキルでQOLを最大化!

【ホスピス・緩和ケア係る診療報酬改定2016まとめ】緩和ケアに関する改定、まるわかり!

【看護師泣かせの患者さんまとめ】笑い、感動、ちょっとしたホラーも!?

 

★ここまでで分からない用語はありませんでしたか? そんな方は・・・

 

ビーナース在宅用語集で確認!!

 

 

関連する記事


【体験談】私はこんな師長にイラッとしましたエピソード、ベスト5!!

師長とはどんな人? 「トラブルが起きると出てきてくれて、もめ事があると、中立の立場でその場を納めてくれて、私たち看護師を理解し、寛大な心を持っていて…」こうした一般的な師長に対して描かれている幻想と、私の経験した現実とのギャップを、イラッとしたエピソードを軸にご紹介いたします!

【体験談】看護師の私が思う、自分の病院(職場)の嫌なところ5選

看護師でもほかの職業でも、「完璧」は無いかと思います。たまには、愚痴を吐かせてください。笑 というわけで今回は、総合病院に勤務する看護師の立場から「自分の病院のここが嫌だ」を取り上げてみました。シビアなものから、クスっと笑えるものまで、看護師の方には「あるあるー」と共感していただければ幸いです。

【体験談】病棟看護師からだと不安? 転職前に知っておきたい訪問看護師の仕事

昨今、看護師の転職先の選択肢の一つとして訪問ナース(訪問看護師)という選択肢があります。ですが、どうやら色々な側面から訪問ナースは少しネガティブイメージが強いよう。実際の現場では訪問看護師はどのようなものなのか、「不安あるある」に沿って述べていきたいと思います。