在宅介護する家族を癒すレスパイトケアとは?明るく前向きにケアを続けるために


 

皆さんはレスパイトケアという言葉をご存じでしょうか?

レスパイトケアという言葉の意味について解説していきます。

レスパイト(respite)は、「息抜き」「休憩」「一息つく」という意味をもつ英単語です。

それにケアを組み合わせたらどういう意味になるのでしょうか?

 

施設系で働く看護師より、病院でも特に急性期の看護師にはなじみの薄い言葉かもしれません。

レスパイトケアと家族の在宅介護、というキーワードは切り離して考えられないためです。

ここからさらに詳しく解説していきます。

 

「question」の画像検索結果

画像出典:maplesoft.com

【PR】
看護師の転職を考えている方は
こちらがオススメです♪

 

レスパイトケアの意味とは?! どんな時に必要?

 

レスパイトケアとは、在宅介護を担当している家族が疲弊せず、心身ともに健康な状態で介護が継続できるように働きかけることです。

具体的には、一時的に介護を中断してもらい、心身ともにリフレッシュを目指す、家族支援のサービスです。

介護疲れ予防、リフレッシュの旅行など、レスパイトケアは理由によって制限されません。

リフレッシュ目的だけではなく、要介護家族を伴って行けない用事も対象になります。

例えば冠婚葬祭や、出張など「社会的な事由」と言われるものです。

 

また、介護を肩代わりしてくれる資源についてですが、

 

  1. 1. インフォーマルな資源
    • 友人、地域住民、親戚など
  2. 2. フォーマルな資源
    • 施設への短期入所、または在宅への介助者の派遣など。

 

の、多くわけて二つあります。

 

「respite care」の画像検索結果

引用出典:va.gov

 

レスパイトケアの対象者は家族!したがって家族を主眼においた援助が必要

 

レスパイトケアの大きな目的は、家族が在宅介護を継続できるように支援することです。

ですので、レスパイトケアの対象は、患者、要介護者ではなく、

介護する家族であることを忘れてはいけません。

安心して、患者・要介護者を託せるよう安心感を提供することが大切です。

 

介護者の心理的、身体的負担を少しでも軽くして挙げ、介護疲れや共倒れを事前に防ぐようにしましょう。

 

▶ 次ページへ:レスパイトケアの問題点と課題って?

【PR】
看護師の転職を考えている方は
こちらがオススメです♪


関連する記事


「レスパイトケア」という言葉は間違っている?【Kukuru・鈴木恵代表インタビュー1】

沖縄で「レスパイト」サービスを展開する一般社団法人Kukuru代表・鈴木恵さんのインタビュー第1回です。今回は、鈴木さんの現在のご活動を具体的にお話いただく中で、「『レスパイトケア』という言葉が具体的にはどのような意味を持つべきなのか?」ということについて伺うことが出来ました!

在宅に関わる看護師が忘れてはいけないこととは?【Kukuru・鈴木恵代表インタビュー3】

一般社団法人kukuru・鈴木恵代表インタビュー第3回です。今回は、鈴木さんが抱いている問題意識と今後のご活動に関するお話を伺っています。非常に合点がいく問題意識と、それに対する鈴木さんの行動力! 最後には、現役看護師へのメッセージも頂きましたので、是非ご覧ください♪

若い時の困難は必ず活きてくる!【Kukuru・鈴木恵代表インタビュー2】

一般社団法人kukuru・鈴木恵代表インタビュー第2回です。今回は鈴木さんの過去のお話から、我々がくみ取るべき教訓を得たいと思います。障がい児を持つ母として、母を介護する一人の娘として、そしてそうした背景を持つ看護師として、、、今回も、溜飲を下げて頂ければ幸いです♪

エンゼルケアとは?〜看護師が患者さんに関わる最期のケアです

看護師として患者さんと向き合う以上、避けて通ることのできないのが患者さんの「死」です。死に向きう回数が多くても、寂しい気持ちは変わらないですよね。今回はそんな患者さんに看護師が行なう「最期ケア」である「エンゼルケア」についてまとめてみたいと思います。