【体験談】経験者が語る、訪問看護師転職のポイントとは?


 

今回は、現役訪問看護師のSさん(年齢は20代後半で、転職経験あり)に体験談をご寄稿頂きました。

テーマは「訪問看護師転職の際のポイント」になります。

転職経験者の体験談なので、現在転職をお考えの方にとってすごく参考になるかと思いますよ!

 

訪問看護師、転職

画像出典:nursebuff.com

 

訪問看護師転職のポイント はじめに

 

みなさん転職サイトにはたくさん登録されていますか?

良い条件で再就職するためにはより条件にあった職場を選びたいことでしょう。

そうなった時、どういう観点から訪問看護の職場を選ぶべきか、私自身の経験に即して考えていきたいと思います。

 

転職したいなー・・・は無意識のサイン

 

職種に関わらず、ふと「ああ仕事辞めたいな」と思うときは誰しもあることでしょう。

特に看護師の場合は、拘束時間が長いだけでなく役職のしがらみや煩わしい業務が嫌になった時に感じることかと思います。

そうなった時に、一時の感情と思い我慢するのもいいですが直感に従ってみるのも面白いかもしれません。

我慢して拓ける道もあれば、転職して拓ける道もあるかと思います。一度冒険心で外に飛び出すのも面白いですよ。

というのも、転職したらすべて1からやり直しだからです。

今までのキャリアや経験は現場ではほぼ皆無。

成り上がりではないですが1からのやり直しは自身の力量を試すことにほかなりません。

そういった観点でも、転職を選択肢から排除するのはもったいないと思っています。

昔流行った「のし上がっちょるけん」的な反骨心をもって仕事するのも面白いかもしれませんよ?

 

転職サイトの情報に惑わされない方法は原点に還ること

 

感覚や直感で転職に踏み切る方は、

感覚的というよりも論理的な方は、多いかと思います。

そういった方は、より合理的でかつ倫理に反さない方法で転職先を探したいことでしょう。

 

では、どうすればいいか?

そうした方は自身の方向性や価値観がしっかりしていることでしょうから、
転職しようか迷ったら是非原点に還って自分が何をしたいか見つめなおし軌道修正するのが早いかと思います。

それで在宅医療が方向性に合っていれば転職すべきですしそれに見合ったものでなければ我慢といった感じです。

 

何より、まずは自分の舵を自分でとるのが大事です。

能動的に動けることが最高の幸せでしょうからぜひ見つめ直してほしいです。

思い返せば筆者にもありました、新人の時に漠然と描いた看護観が。

そういう大事なものも仕事をこなすうちに忘れてしまい嫌な自分にいつしかなってしまうものです。

転職を考えるのは原点回帰できるチャンス。

もう一度何がしたいか思い出して看護に対する情熱をぶつけられる場を再構築してほしいものです。

 

訪問看護は”すべて”を試される

 

さて、転職すると決断した際に覚えていてほしいことがあります。

厳しいようですが、「覚悟」の確認です。

大げさに聞こえるかもしれませんが、在宅は自身のすべてを試されるため、胸に手を置いて考えて欲しいと筆者は思うのです。

筆者の話でいえば、経験の浅い状態、看護師嫌いな状態で少しでも楽をしたいとの甘い気持ちで訪問ナースを選びました。

それでどうなったか。

 

徹底的にやられました(笑)

看護なんて、仕事なんて、と思いながら毎日自分の中でさまよいました。

看護は自分には向いていないんじゃないかとも思いました。

 

ですが、「これも試練」と思ってまだ働けているという結果が今です。

先輩と比較して毎日自分にがっかりして、これでよかったのかと自分のやったことに自信が持てず振り返る毎日。

そんな精神的に負荷のかかる日々を経て、ちょっぴり大人になった今言えるのが、
看護師を全うする以上に患者さんと向き合うことに対する覚悟ができているか

 

すべてを引き受ける覚悟があるかを自身に問いてから在宅の世界へ飛び込むか決めて欲しいと思っています。

在宅はある意味病院より楽ではありません。

ぜひ自分(の本当の気持ち)と話し合うことをお勧めします。

それでも訪問看護がやりたいと思うなら、きっと後悔しない日々を送ることが出来ると考えています。

 

まとめ ~訪問看護は己を鍛え直す職場なり~

 

いかがでしたでしょうか。

転職についてより深く考えるきっかけになっていれば幸いです。

本記事では、要所要所で厳しいことを書きましたが、転職はライフイベントの一つ

ぜひ真剣に向き合って欲しいです。

この向き合う時間は自分のためではなく患者さんや自身の周囲の人たちのためだと筆者は思います。

自分事でなく他人事として見つめて、真の看護をぜひ追及してきたいものですね。

 

※関連する訪問看護体験談には「訪問看護の魅力」について語って頂いたものもありますので、是非ご覧になって下さい!

 

 


☆ビーナースでは他にも様々なお役立ち情報をご用意しています!

 

【体験談】私の看護師人生で最も印象に残っている患者さんをご紹介します

【K-WORKER 山上所長インタビュー第1回】全員車いすで仕事!?被介護者の〇〇に着目するワケ

【小山慧さんインタビュー】訪問介護に挑戦するまでは、障がい者が〇〇だと思っていた

 

☆おすすめのまとめ記事はこちらから!

 

【看護師スキルアップ術まとめ20選】3種の看護スキルでQOLを最大化!

【看護師の悩みまとめ20選】いくつ当てはまる?ストレス度合をチェックしましょう!

【ホスピス・緩和ケア係る診療報酬改定2016まとめ】緩和ケアに関する改定、まるわかり!

 


 

下記リンクにて会員登録して頂ければ、
メールマガジンの受け取り@毎週土曜日」が可能です!!
おすすめ記事を厳選して配信中ですので、
わざわざ情報を探すのは面倒・・・」という方は
是非ご登録をお願いします!!

(もちろん、わずらわしい情報は一切ありませんよ♪)

 

厳選おすすめ記事を毎週GET!!

 

 


関連する記事


【訪問看護転職体験談まとめ】世代別にまとめてみました!

近年訪問看護に転職を考える看護師さんは多くいます。そんな看護師さんの為に、ビーナースでは看護師さんから訪問看護師に転職した多くの先輩に、インタビューをさせていただきました。今回はそのインタビュー記事を世代別分け、どのような特徴があるのかをまとめてみました。

【体験談】病棟看護師からだと不安? 転職前に知っておきたい訪問看護師の仕事

昨今、看護師の転職先の選択肢の一つとして訪問ナース(訪問看護師)という選択肢があります。ですが、どうやら色々な側面から訪問ナースは少しネガティブイメージが強いよう。実際の現場では訪問看護師はどのようなものなのか、「不安あるある」に沿って述べていきたいと思います。