【体験談】訪問看護師であることに喜びを感じた瞬間 ~看取る覚悟と訪問看護の役割とは?~


訪問看護師であることに喜びを感じたエピソード

 

訪問看護だから感じられた。「その人らしい生」をサポートできる喜び

 

その人らしく生き切るためにはどうしたら良いのかを考えるにあたって、どこで最期を迎えるのかというのはとても大切なことです。

 

ある時、御両親を訪問看護にてサポートさせていただいたことがありました。

最初にお父様を自宅で看取ることになるのですが、お父様は80歳になられてもスポーツクラブに通い、バイクにも乗られているほどお元気な方でした。

しかし、突如交通事故にあい、脳挫傷が原因で寝たきりの生活になられました。

何度退院の準備をしても、すぐに状態が悪化して見送りとなってしまいます。

誰しも「このまま自宅に戻られることがないかもしれない・・・」と思っていましたが、なんとか退院することができました。

 

しかし、、、退院して1週間後に訪問看護で訪問した際に呼吸が止まっており、亡くなられました。

 

ご家族が大変悲しまれると想像していた私は、足取り重くご家族にご説明に向かいました。

すると、私にとっては驚くような反応が。

たしかに、奥様も娘さんもびっくりはされましたが、家で最期を看取れたことに大変満足されていたのです。

 

説明に向かうまでは、「何度状態が悪くなってもなんとか踏ん張ってこられたのに、たった1週間しか家で過ごせなかったことでなにか問題があったのではないか」と思ったりしていたのですが、お父様はどうしても家で最期を迎えたかったのだそう。

 

「家に帰るまでは死ねない。」

 

お父様の強い気持ちが病院での回復につながったのでした。

 

 

家族の不安を軽減できる喜び

 

さて、お父様の死去後5年の月日が流れました。

その時、今度は同じご家族のお母様が小腸ガンの末期状態となられたのです。

そして、「お父様のように自宅で看取りたい」と希望され、私たちの事務所を指名していただきました。

 

 

もちろん、再度指名していただいたことにも喜びを感じました。

しかし何より嬉しかったのは、訪問して間もないころはやはり不安そうで落ち込み気味だったご家族が、「看取り」の心構えを持つようになっていったこと。

それから、時間が経つにつれ、病状が進んでいるはずのお母さまが心なしか「元気」になっているように見受けられた時でした。

 

夜間、日曜日問わず、不安な時には連絡をもらって訪問させていただいて、寄り添うことができました。

最期を迎える時にも寄り添うことができ、訪問看護師としてこれ以上ない充足感がありました。

さらには、お母様のお葬式に参列させていただいた際には、ご遺族の挨拶でわざわざステーションの名前を入れて頂き、「私たちの訪問看護があったから不安なく、看取ることができた」とまで仰っていただけたのです。

これは、本当に私が訪問看護師で良かったと思える瞬間でした。

 

喜び 訪問看護

画像出典:vnhc.com

 

訪問看護師であることに喜びを感じた瞬間 まとめ

 

訪問看護師は、病棟看護師より最期に携わることが多くあります。

患者さんの死をなかなか受け止めることができないこともあります。

しかし、しっかりと生き切ることができた患者さんに寄り添えた時に、虚しさではなく、「良かった」と思えるのです。

私は、これこそが訪問看護をする喜びだと思っています。

 

訪問看護師、とってもステキなお仕事ですね♪

訪問看護師への転職は看護師の転職サポート≪登録無料≫マイナビ看護師へ!

【PR】

この記事はいかがでしたか?

・週一回なら、まぁ見てもいいかな♪
・わざわざ情報を探すのが面倒・・・
・会員特典がどんなものか気になる

といった方は是非ご登録をお願いします!!

 

下記リンクからの無料会員登録で、

メルマガ受け取り@毎週土曜日

診療報酬改定まとめ資料受け取り

などが可能になります!!

(もちろん、わずらわしい情報は一切お送りしませんよ♪)

 

メルアドだけの簡単登録!

 

会員限定資料の一部を見てみる

 

☆関連お役立ち情報☆
 

【体験談】私の看護師人生で最も印象に残っている患者さんをご紹介します

【体験談】訪問看護に30代で転職したときのスキルアップの心得

訪問看護ステーション転職で失敗しないためには? 訪問看護特化の人材紹介会社に聞きました

☆おすすめのまとめ記事☆
 

【看護師スキルアップ術まとめ20選】3種の看護スキルでQOLを最大化!

【ホスピス・緩和ケア係る診療報酬改定2016まとめ】緩和ケアに関する改定、まるわかり!

【看護師泣かせの患者さんまとめ】笑い、感動、ちょっとしたホラーも!?

 

★ここまでで分からない用語はありませんでしたか? そんな方は・・・

 

ビーナース在宅用語集で確認!!

 

 


関連する記事


【体験談】訪問看護業務でしでかした失敗2選! 患者さんのケアだけに必死になった結果・・・

訪問看護には、病院とは違った難しさがあります。病院時代には考えてもみなかったことが大切になる場合があります。今回は先輩看護師が失敗した経験を例にあげ、訪問看護ならではの気をつけなければいけないポイントをご紹介させていただきます。ここでも大切なのは”相手の気持ちを考えてケアを行なう”ということです。

【体験談】患者の「こころ」を支える精神科の看護師の役割とは?

精神科は一般科と違って「こころ」のサポートがメインになってきます。こころのサポートをする看護に答えはありません。答えがないからこそ、あらゆる計画を立て模索し、精神科看護を展開していきます。そんな精神科看護の役割について、体験談も含ませながら病棟別にみていきたいと思います。

【体験談】病棟看護師からだと不安? 転職前に知っておきたい訪問看護師の仕事

昨今、看護師の転職先の選択肢の一つとして訪問ナース(訪問看護師)という選択肢があります。ですが、どうやら色々な側面から訪問ナースは少しネガティブイメージが強いよう。実際の現場では訪問看護師はどのようなものなのか、「不安あるある」に沿って述べていきたいと思います。

【体験談】訪問看護師に50歳で転職して反省・後悔したこと

「アラフィフ」になり、夜勤がある病棟勤務が体にこたえるようになったころ。50歳の時に訪問看護に転職。管理者としての転職だったのですが、出来れば「もう少し若い間に転職していればよかった」と後悔している体験や所感についてお話します。