言語聴覚士とは ~コミュニケーションと摂食嚥下障害のスペシャリスト~


 

リハビリの先生」というと理学療法士(PT)や作業療法士(OT)の方が身近かもしれません。

でも、実はもう1職種。

言語聴覚士(ST:エスティ―)と呼ばれる職種があります。

では、言語聴覚士(ST)に為るためにどうすればよいか、また実際にどのような仕事を行なうのかを紹介していきますね。

 

言語聴覚士とは

画像出典:healthcareworkersalary.com

 

言語聴覚士(ST)の資格について

 

言語聴覚士の受験資格は養成校に通うことが必要

 

言語聴覚士は専門学校や大学・大学院などに通い卒業することで受験資格が得られます。

 

言語聴覚士の国家試験の合格率は70%前後

 

言語聴覚士(ST)は、平成11年より国家資格になりました。

国家資格になったことで、採用も有資格者も増加しましたが、まだまだ知られていない職種です。

年に一度国家試験が行われ合格率は70%前後です。

 

国内の有資格者は約2万7千人

 

2016年現在で有資格者は約2万7千人います。(言語聴覚士協会HP

 

言語聴覚士の仕事内容は?

 

業務は、ことばやコミュニケーションの障害全般に関わる

 

たとえば、脳の言葉を操る場所を障害されると「聞く」「話す」「読む」「書く」といった機能が障害される「失語症」になったり、顔面や舌などの麻痺によって発音が不明瞭になる「構音障害」になったりします。

脳血管障害だけではなく、聴覚障害や口蓋裂、知的障害、発達障害、吃音など、ことばやコミュニケーションの難しさを持つ方が対象になります。

 

さらに、、、食べる障害「嚥下障害」にも関わっている

 

脳血管障害や、加齢によって、飲み込む力(嚥下機能)が障害されたり低下したりします。

飲み込みがうまくできず、食べ物が気管に入り咳などでうまく除去できないと、肺炎になり命を落とすこともあります。

言語聴覚士(ST)は「食べる機能」を評価し、必要なリハビリや、現段階で安全に食べられる食形態を検討します。

 

心理的にも支えている

 

「聴こえない」「伝わらない」「食べられない」ということは、人間にとってすごくストレスがかかります。

言語聴覚士(ST)は機能の改善だけではなく、心の面でも支えています。

 

「Speech therapist」の画像検索結果

画像出典:education.seattlepi.com

 

▶ 次ページへ:言語聴覚士の職場とは??

 

【PR】

看護・介護系資格の取得を目指す人は

こちらがオススメですよ♪



関連する記事


訪問リハビリの実施内容とは〜身体的なケアのみでなく、家族へのケアも大切な仕事です〜

介護予防への注目が集まり訪問リハビリという言葉が徐々に浸透してきていますが、実際のリハビリ内容となると理解されていない方は少なくないと思います。在宅に関わる全ての職種にリハビリの内容を確認して頂くことが必要です。今回は訪問リハビリ実施内容や視点についてご紹介させていただきます。

経管栄養とは ~経口摂取ができない人の命綱~

経管栄養とは、経腸栄養とも呼ばれるもので、何等かの理由によって口から食べ物を摂取することができない場合に用いられる、栄養管理の方法です。脳血管疾患の増加や高齢社会の現代には、なくてはならないものとなっています。