外国人の患者さん対応で知っておきたい英単語ベスト5!これだけは知って損なし!


 

日本に来日する外国人の数が年々増加する中、医療機関でも外国人の姿を目にする機会も増えてきました。

外来受診、人間ドック、場合によっては入院治療、手術ということもあります。

看護師は当然、外国人の患者さんに対しても看護を実践しなければなりません

英語が話せる看護師なら問題ないですが、苦手な方にはコミュニケーションが最大の障害になってしまいます。

今回はそんな時に知っておきたい英単語ベスト5をご紹介します!

 

外国人患者 対応 英単語

画像出典:acecic.co.uk

 

【外国人の患者さん対応で知っておきたい英単語1】 Pain(痛み)

 

まずは痛みの確認を行う場合に必ず使う「Pain」。

Painと他の単語を組み合わせると痛みの種類を表すことができます。

 

英単語使用例

 

  • ・Severe(Strong) Pain : 激痛
  • ・Acute Pain : 急な痛み
  • ・Dull Pain : 鈍痛
  • ・Pounding Pain : 打ち付けるような痛み
  • ・Joint Pain : 関節痛

 

なお、「痛み」を表す単語には他にAcheがあります。

Head ache(頭痛)というふうに部位を組み合わせて使われます。

 

「persona con dolor de cabeza」の画像検索結果

画像出典:img1.wen31.com

 

【外国人の患者さん対応で知っておきたい英単語2】 Body temperature(体温)

 

Temperatureとは天気などで使われる「温度」という意味になります。

体温という場合はそのままBody(体)組み合わせてます。

 

英単語使用例

 

Let me check your body temperature.

(体温を測りましょう)

 

画像出典:solvers.ups.com

 

▶ 次ページへ:血圧って英語で何て言うか知っていますか??


関連する記事


【体験談】看護師が体験する患者さんからよくあるクレーム5選~患者さんとしっかり向き合うために~

患者さんからのクレームで戸惑った経験は、看護師なら一度はあるのではないでしょうか?心から反省すべきクレームから、理不尽なものまで、様々なクレームがあるかと思いますが、今回は私が経験したよくあるクレームベスト5をまとめてみたいと思います。