看護計画におけるOTEとは〜看護計画の理解を深める3つのポイントです〜


OTEの書き方のポイントとは

 

Oは「何のために?」を考える

 

Oは観察項目ですから、患者さんの状態を表す項目が挙げられます。

  • ・バイタル
  • ・検査データ
  • ・表情や発言
  • ・疼痛
  • ・食事の様子

などが書かれることが多いようです。

学会や院内で共通となっているアセスメントも場合によっては使われるかもしれません。

これらは何でも書けばよいというものではありません。

あくまでも必要な項目を選定します。

看護計画は立案で終わるものではなく、看護ケアの効果をみるために一定期間の実施後に評価を行うものです。

その際に目標を達成したかどうかを判断する基準となる項目を挙げてみると、精選されていくのではないでしょうか。

ひとつひとつの項目を「何のために観察するのか」の理由が的確にいえることが大切なのです。

 

TやEは、Oを基準に考える

 

Oで挙げた項目が望ましい状態になるようにはどうするか、そして、ならない場合はどのように対応するかを考えていくと整理されていきます。

 

たとえば「安全な経口摂取」という目標について考えると以下のようになります。

 

看護目標:誤嚥せず経口摂取にて食事をとれる
O:食事中の誤嚥の有無(むせや湿性発声など)、経口摂取量、呼吸や表情、疲労度など、「誤嚥したかどうか」「安全に(安楽に)」食べられるとされる基準を書く。
T:とろみをつける、一口量を調整する、食具を工夫する、バイタルに異常がある場合は休憩をとる、などOで挙げた基準を維持したり、改善するにはどうするのか、もし異常がある場合はどうするのかを書く。
E:ゆっくり食べる、休憩をとる、などの本人や家族に注意したり学んだりしてほしいこと挙げる。

 

T,Eは誰がみても実施できるように具体的に書いておくことが大切です。

具体的に記載することで評価もしやすくなります。

 

参考記事:kangolabo.com

 

根拠を考えるクセをつける

 

OTEは理解したけど、それでもなんとなく曖昧になってしまう。

それは、まだ根拠をもって考えることができていないからかもしれません

最初から簡単にできるものではなく、日々の知識や経験の元でトレーニングしていくことが大切でしょう。

焦らずに積み重ねていくことが看護の質を高めることに繋がります。

 

看護計画におけるOTEのポイントとは〜まとめ〜

 

OTEは看護計画を立案する際にカテゴリ化して考えるために用います

根拠をもって考えるには練習が必要です。

最初はとっつきにくいですが、焦らずに積み重ね、質の高い看護を提供していきましょう。

 

参考記事:nurse-like.com

 

この記事はいかがでしたか?

・週一回なら、まぁ見てもいいかな♪
・わざわざ情報を探すのが面倒・・・
・会員特典がどんなものか気になる

といった方は是非ご登録をお願いします!!

 

下記リンクからの無料会員登録で、

メルマガ受け取り@毎週土曜日

診療報酬改定まとめ資料受け取り

などが可能になります!!

(もちろん、わずらわしい情報は一切お送りしませんよ♪)

 

メルアドだけの簡単登録!

 

会員限定資料の一部を見てみる

 

☆関連お役立ち情報☆
 

看護計画の評価の際に必ず意識すべきこと3選 ~PDCAサイクルの考え方を知ろう~

看護実践能力向上の鍵! クリニカルラダーとは?

クリニカルパスとは?~看護師なら完璧に知っておきたい看護知識~

☆おすすめのまとめ記事☆
 

【訪問看護転職体験談まとめ】世代別にまとめてみました!

【ホスピス・緩和ケア係る診療報酬改定2016まとめ】緩和ケアに関する改定、まるわかり!

【看護における基礎概念まとめ】看護に迷った時は基礎に立ち返ることが大切です

 

★ここまでで分からない用語はありませんでしたか? そんな方は・・・

 

ビーナース在宅用語集で確認!!

 

 


関連する記事


看護計画における看護目標を立てるポイントとは〜対象者を全人的に捉えることの重要性〜

看護目標と言っても「病院や看護部全体を通した目標」、「病棟患者への看護目標」といった組織としての目標や「看護師個人の目標」といった個人のキャリアに関わる目標、「患者さんや利用者への看護目標」の4つの考え方があります。今回は看護計画における看護目標の立て方のポイントについてご紹介させていただきます。

看取りにおける看護計画(ケアプラン)の重要性〜寄り添う気持ちを行動に起こすということ

看取りでは対象となる患者さんや家族の希望を十分に考慮して、本人が残された人生を可能な限り充実させ自然な最期を迎えるための援助をしていきます。その際、看護師がどのように援助していくかの方向性を示すのが看護計画です。今回は、看護計画立案あたっての最も大切なアセスメントについて一般的な事項を挙げていきます。

褥瘡を予防するための看護計画 〜リスク把握はできていますか?〜

褥瘡は皮膚の一部がただれたり潰瘍ができるだけではなく、真皮や骨にまで達するほど悪化する場合もあります。一度できてしまうと治癒に時間がかかり心身ともに負担がかかります。褥瘡に関わる看護ケアについては「予防」と「治療」の観点がありますが、今回は「予防」の視点からお伝えしていきます。