看護計画における看護目標を立てるポイントとは〜対象者を全人的に捉えることの重要性〜


 

看護目標と言っても「病院や看護部全体を通した目標」「病棟患者への看護目標」といった組織としての目標や「看護師個人の目標」といった個人のキャリアに関わる目標、「患者さんや利用者への看護目標」の4つの考え方があります。

いずれも看護の質を高めるために設定されますが、日々の仕事の中で特に迷うのは、やはり患者さんや利用者さん一人一人に対する看護計画における目標ではないでしょうか。

今回は看護計画における看護目標の立て方のポイントについてご紹介させていただきます。

 

看護目標、看護計画

画像出典:careerfaqs.com.au

【PR】
看護師さんで転職を考えている方は
こちらがオススメです♪

 

看護目標とは

 

看護目標とはその名のとおり、看護行為(看護ケア)をする上での目標のことをいいます。

看護過程には①アセスメント②看護診断③看護計画④看護介入➄看護評価の5段階があります。

看護目標は③看護計画の段階で設定され、①アセスメントと②看護診断を丁寧に行うことで、適切な目標が抽出されます。

 

看護過程について詳しく知りたい方は〈こちら〉へ

 

看護目標を立てるポイントとは

 

看護目標を抽出するためにはアセスメントが必須

 

看護目標は患者さんや利用者さんそれぞれに異なります。

なぜなら、対象となる方にとって解決していきたい問題は様々だからです。

たとえ同じ疾患であっても、その方の病歴や現在の状態や治療方針、生活習慣や家族背景、社会的役割などは、一人一人異なることが当たり前です。

そのため、まずは対象の方のあらゆる情報を総合的に収集して分析や解釈を行っていきます

これらの過程がアセスメント(見立て)です。

※フィジカルアセスメントのポイントは〈こちら〉へ

 

看護診断の段階では看護ケアで解決可能な問題を抽出していく

 

対象の方の情報を収集したら、それらの情報を踏まえて今後解決していく問題を抽出していきます。

長期目標の設定は症状を中心とするだけではなく、当事者や家族の希望を聞きながら、退院後の生活も含めて考えていく必要があります。

中には、看護ケアでは解決できない問題もあるかと思いますが、そういった点は、他の専門職と連携していけば良いのです。

看護師は看護ケアによって解決可能な問題を抽出し、看護計画に繋げていきます

この看護ケアで解決可能な問題を決定することを看護診断といいます

 

長期目標と短期目標を設定し看護計画をたてる

 

看護診断によって抽出した課題は多岐にわたりますが、より優先度の高いものを目標に設定していきます

そして、それらから大きな目標(長期目標)を設定し、より短期間で解決可能な具体的な目標(短期目標)を設定していきます。

長期目標には、完治や退院後の生活などの最終的な目標を挙げ、長期目標を叶えるための過程で起こりうる課題を短期目標として設定し、ひとつひとつクリアしていくイメージです。

 

患者さんや利用者さんを全人的に捉える

 

看護目標を立てるには患者さんや利用者さんの病態だけで捉えるのではなく、その人の退院後の生活をイメージしていくことが大事です。

たとえば、退院後に一緒に生活する家族がいるのかどうかでも、患者さんに求められる自立度は異なります。

体調や薬の管理などを家族に依頼するのか、自分で管理しなければならないのか同じ自宅退院でも、短期目標で設定しておきたい項目が異なるということです。

もし病態へのケアに偏った目標になり、対象の方の特徴がみえてこないような計画の場合には、対象者の情報で足りない部分はないかを見直す必要があるということです。

※参考記事:j-depo.com

 

看護計画における看護目標を立てるポイントとは 〜まとめ〜

 

患者さんや利用者さんに対する看護目標は、病気や症状のみで判断するのではなく対象の方一人一人を全人的に捉える必要があります。

利用者さん、ご家族の意見を看護目標に取り入れることで、QOLの向上につなげて行けるのではないでしょうか?

 

【PR】
看護師さんで転職を考えている方は
こちらがオススメです♪


この記事はいかがでしたか?

・週一回なら、まぁ見てもいいかな♪
・わざわざ情報を探すのが面倒・・・
・会員特典がどんなものか気になる

といった方は是非ご登録をお願いします!!

 

下記リンクからの無料会員登録で、

メルマガ受け取り@毎週土曜日

診療報酬改定まとめ資料受け取り

などが可能になります!!

(もちろん、わずらわしい情報は一切お送りしませんよ♪)

 

メルアドだけの簡単登録!

 

会員限定資料の一部を見てみる

 

☆関連お役立ち情報☆
 

看護計画におけるSOAP記録で注意する3つのポイント〜誰がみても理解できる書き方を心がけましょう〜

看護計画の評価の際に必ず意識すべきこと3選 ~PDCAサイクルの考え方を知ろう~

わたしがアメリカで在宅ホスピスナースになるまで byラプレツィオーサ伸子

☆おすすめのまとめ記事☆
 

【訪問看護転職体験談まとめ】世代別にまとめてみました!

【ホスピス・緩和ケア係る診療報酬改定2016まとめ】緩和ケアに関する改定、まるわかり!

【看護における基礎概念まとめ】看護に迷った時は基礎に立ち返ることが大切です

 

★ここまでで分からない用語はありませんでしたか? そんな方は・・・

 

ビーナース在宅用語集で確認!!

 


関連する記事


看護計画におけるOTEとは〜看護計画の理解を深める3つのポイントです〜

看護計画の立案で用いられるOTEですが、OTEの各項目の意味をすぐに答えられますか?OTEを使って整理することで、目標に即した計画が組み立てられやすくなりますが、OTEを使いこなすには考え方のコツが必要です。今回はOTEとはどのようなもので、書き方ポイントは何かをご紹介させていただきます。

アセスメントシートを記入する際のポイントとは〜よい看護を行なうための大切な準備です〜

以前、【フィジカルアセスメントを行うポイント】をご紹介させていただきました。フィジカルアセスメントを行なう第一段階として、訪問看護開始時にアセスメントシートを用いて様々なアセスメントを行います。今回はアセスメントシートを記入する際に気をつけたいポイントをご紹介させていただきます。

看取りにおける看護計画(ケアプラン)の重要性〜寄り添う気持ちを行動に起こすということ

看取りでは対象となる患者さんや家族の希望を十分に考慮して、本人が残された人生を可能な限り充実させ自然な最期を迎えるための援助をしていきます。その際、看護師がどのように援助していくかの方向性を示すのが看護計画です。今回は、看護計画立案あたっての最も大切なアセスメントについて一般的な事項を挙げていきます。

褥瘡を予防するための看護計画 〜リスク把握はできていますか?〜

褥瘡は皮膚の一部がただれたり潰瘍ができるだけではなく、真皮や骨にまで達するほど悪化する場合もあります。一度できてしまうと治癒に時間がかかり心身ともに負担がかかります。褥瘡に関わる看護ケアについては「予防」と「治療」の観点がありますが、今回は「予防」の視点からお伝えしていきます。