ポリファーマシーに対して薬剤師に求められることと実際の仕事


 

医療現場において薬剤師はポリファーマシー対策を以前から行っています。

ポリファーマシー対策における薬剤師の仕事について説明します。

ここでは現場でよくある<国><医師><患者さん>の3つの視点からポリファーマシーに対して薬剤師が求められていることをお伝えします。

 

pharmacy-role

画像出典:mycanadianpharmacyteam.com

 

ポリファーマシーに対して薬剤師が国から求められていること:残薬確認をする

 

前回の診療報酬改定で薬剤師に残薬確認が義務付けられました。

もちろん今までも薬剤師は必要と思われる方には残薬確認をしていましたが、国から義務付けられることになり、より薬剤師の役割が明確になったと思います。

医療費の削減とポリファーマシーの改善が同時にできるので、この流れは続くと考えられます。

 

残薬確認はポリファーマシー対策において重要です

実際に患者さんに残薬を家から持ってきてもらうと、ものすごい量の薬を持参する方が時々います。

以前処方されていたが現在は処方されていない古い薬が混ざっていることも珍しくありません。

薬剤師が確認して残薬をどうすればよいか説明することで、ポリファーマシーが解決します。

 

画像出典:be167d9ea953d44e8cbd-25e9f6b52714e6c3d4dbb7e330152014.r68.cf3.rackcdn.com

 

ポリファーマシーに対して薬剤師が医師から求められていること:残念ながらほとんどありません

 

実際のところ医師から薬剤師に患者さんの薬について相談されることは滅多にありません。

しかし医師の全く専門外の薬を服用されている患者さんの場合は稀に医師から相談を受けることがあります

若い医師は比較的薬剤師に理解のある方が多いので、今後は薬剤師に薬のことを相談する医師が徐々に増えてくると予想しています。

これは時代の流れだと思います。

昔は医師中心の医療でしたが、現在は患者中心の医療に少しずつシフトしてきているからです。
▶ 次ページへ:薬剤師が患者さんから求められていることとは?

 


関連する記事


ポリファーマシーにさらされる高齢者に起こりやすい6つの症状って?

ポリファーマシーの患者さんは、特に高齢者の方々はたくさんの薬によっていろいろな症状が起こることがあります。ここでは実際に問題になりやすい症状を「頻度が高いもの」として4つ、「起こると重篤なもの」として2つ、合わせて6つ解説します。少し難しい内容ですが、なるべくわかりやすく説明していきます!

ポリファーマシーって何? 〜薬剤師の見地から解説します〜

薬の飲み過ぎによる有害事象は以前から医療の現場で問題視されていますが、ポリファーマシーという言葉を耳にするようになったのは比較的最近のことのように思います。今回は、薬局に勤める薬剤師が「ポリファーマシーとは何か」を解説していきます。ぜひ普段のお仕事に役立ててくださいね♪

ポリファーマシー対策、2通りの場合に分けて徹底解説!

ポリファーマシーは患者さんにとって良くないこと。ではどうすればポリファーマシーを防ぐことができるでしょうか?現場で働く薬剤師が徹底解説します!自分や家族がポリファーマシーかどうかがわかっている場合とわからない場合に分けて考える必要がありますので2通りの説明をします。

明日からの看護知識に活かせる! ポリファーマシーの問題点4選

ポリファーマシーの問題点を薬局に勤める薬剤師が解説致します。ポリファーマシーにはいくつかの問題点があり、すぐに考えてわかるものから気がつきにくいものまでいろいろありますので、1つずつ、計4つ解説いたします!ポリファーマシーに関する知識を身につけて、患者さんの負担を減らしましょう!

医療ソーシャルワーカー(MSW)の課題は…地位・認知向上?!

医療ソーシャルワーカー(MSW)は、何かの組織があってはじめて存在します。このため存在は薄いですし、組織の補佐的動きしかできませんし、利用者さんに対して無償で働いているので疎ましく思っている関係者もいます。今回はMSWの課題を3つお伝えしますので、一人でも多くの方がMSWの現状について知ってくださると幸いです。