移動介助・移乗介助のポイントとは ~看護や介護の基本のキ!~


 

移動・移乗は、日常生活のすべての行為を行うための基本と位置付けられています。

私たちも普段の生活においても様々です。

  • ・食事をする為
  • ・急いでトイレへ向かう
  • ・ほしいものがあるので買い物へ行く
  • ・お友達と出かける

ですが、足を怪我していたりすると、この移動も億劫になってしまいますよね、、、

これは高齢者の方も同じことです。

足腰が弱まっていても、スムーズな移動を体が覚えていたりする場合、現実に悲しむこともあります。

そこで今回は自立支援に向けて、移動・移乗介助のコツをいくつかご紹介させていただきます。

 

画像出典:nextavenue.org

 

移動介助のポイント

 

(1) 利用者の状態把握

 

利用者の状態として以下の内容をチェックします。

 

  • ・利用者の疾病、障害の部位と程度
  • ・活用できる機能
  • ・体型
  • ・めまいの有無、呼吸の状態
  • ・理解力・意欲の程度
  • ・筋力の状態やバランス感覚

 

(2) 移動介助における留意点

 

移動の介護では、以下がポイントになっていきます。

 

  • ・動線を考えた動きができること
  • ・必要な物品を準備しておく
  • ・使用する福祉用具が所定の位置に置かれていること
  • ・活動しやすい服装・履物であること
  • ・利用者に危害を与えない配慮(爪の長さ・名札・ベルトの金具・ピアス)がなされている
  • ・事前に利用者への説明がなされている

 

以上の内容を確認し、利用者へ移動の介助を行っていきます。

 

歩行の介護の方法

 

(1)歩行介助のポイントと留意点

 

歩行は、身体が支えられ、バランスがとれ、肢を振り出す事が出来れば何の問題もないですが、支障をきたす場合は、杖が必要となってきます。

また、膝折れがあったり、足が緊張して反ったり、尖足がみられる場合などは装具が必要です。

いずれも支持基底面において、麻痺側が支えられず、麻痺側に転倒することが多いので、介護者は麻痺側の転倒を防ぐことが必要となってきます。

歩行の介助にあたっては、利用者を急がせないなど、安全を最優先にさせる必要があります。

 

杖、介助

画像出典:soundscapingsource.com

 

(2) 屋外歩行の介助

 

・杖を使用している方の歩行介助

 

屋外歩行の場合、長時間歩き続けることがないように適宜休憩をとり、歩き終わったらゆっくり休めるように配慮しましょう。

杖歩行のパターンには3点歩行(=3動作)と、2点歩行(=2動作)があります。

歩行が安定すれば、3動作から2動作へと移行するようになります

 

※3点歩行・・・杖→麻痺側の足→健側の足という順で歩行

※2点歩行・・・杖と麻痺側の足をそろえて出し、健側の足を出して歩行

 

(3)室内歩行の介助

 

基本的に屋外歩行の介助と変わりはないですが、室内では以下の点に注意が必要です。

 

  • ・できるだけ照明を明るくする
  • ・移動の動線上、つまずきなどの危険が予測される場合には、足元に置かれているものを片付ける
  • ・転倒の原因となる因子をできる限り排除する。

 

歩行介助は、利用者の歩行能力に応じて、腰に手を回す・両手をつなぐ・腰ベルトを使うなど方法を選んでいきましょう。

 

▶ 次ページへ:移乗介助の方法とは??

 

【PR】
介護職を始めたい方は
まずはこちらがオススメです♪



関連する記事


【体験談】私はこんな師長にイラッとしましたエピソード、ベスト5!!

師長とはどんな人? 「トラブルが起きると出てきてくれて、もめ事があると、中立の立場でその場を納めてくれて、私たち看護師を理解し、寛大な心を持っていて…」こうした一般的な師長に対して描かれている幻想と、私の経験した現実とのギャップを、イラッとしたエピソードを軸にご紹介いたします!

入浴介助の方法間違えてませんか?コツをつかんでよりよいケアを!

入浴は身体を清潔にし、血液の循環をよくするとともに、気持ちもリラックスさせてくれますよね。しかし、人によっては体力を消耗したり、疲労を伴ったりするなどの身体的変化のほか、転倒ややけどなどの事故につながる可能性もあります。入浴介助の効果や安全な方法を理解し、利用者に対する「よりよいケア」を目指していきましょう!

トイレ介助のあるべき方法とは?基本に忠実に、より良いケアを☆

どんな人でも、排泄行為は最期まで他人の世話にならずに自分で行いたいと考えるもの。特にトイレ介助の場合には、ナイーヴに思う患者さんもいることから、トータルケアの精神を忘れないことが重要です。もし自分がその立場に立った時はどうしてほしいだろうだろうと考えながら、トイレ介助を正しい方法で行いましょう!