レクリエーション介護士に必要とされる資格とは? 


 

レクリエーション介護士は、一般社団法人日本アクティブコミュニティ協会の認定資格になります。

レクリエーション介護士には2級と1級があり、それぞれの受講条件があります。

今回はそれらのレクリエーション介護士資格受講条件についてご説明していきたいと思います♪

 

レクリエーション介護士 必要な資格.

画像出典:mstrust.org.uk

 

レクリエーション介護士2級の受験資格

 

レクリエーション介護士2級が作られた、比較的新しい資格です。

ここでは、レクリエーション介護士2級の受験資格についてご説明していきたいと思います♪

 

レクリエーション介護士2級の受験対象と得られる能力

 

【対象】

  • レクリエーション介護士を目指す方。経験・年齢・資格不問

 

【得られる能力】

  • ・高齢者との円滑なコミュニケーション。
  • ・その人の生きがいや趣向に合わせた、介護レクリエーションの提案技術。
  • ・レクリエーションの企画や計画能力の向上

 

レクリエーション介護士2級の取得をするには?

 

レクリエーション介護士2級を取得するためには、通信講座、あるいは通学講座を受講することが必要とされます。

ここで、レクリエーション介護士2級に取得の仕方をに資格取得にかかる費用と合わせて見ていきましょう♪

 

1 通信講座

教材・・テキスト+DVD+テスト

標準学習期間・・約3ヶ月

試験方法・・筆記試験は選択式50問のうち、60点以上で合格。それに加え、添削課題。

 

2 通学講座

教材・・テキスト+講習+テスト

標準学習期間・・例)6時間を2日間受講して約12時間。あくまで目安の時間です。

試験方法・・筆記試験は選択式50問のうち、60点以上で合格。

それに加え、添削課題としてレクリエーション企画書の提出。

 

その他受験にかかる費用や資料請求方法

 

・資格費用

通信講座が、株式会社ユーキャンより35,000円(一括払いの場合)

通学講座の場合は、35,000円〜になります。これは受講される学校によって費用が異なる為です。

 

・ 資料請求の手順

資料請求については、一般社団法人 日本アクティブコミュニティ協会の公式ホームページにてご確認下さい。

レクリエーション介護士2級の認定講座は、経験や年齢、そして資格は問いません。どなたでも、講座をうけることができます!

 

▶ 次ページへ:レクレーション介護士1級の受験資格

 


関連する記事