トータルペインとは? 看護師はそれぞれのペインにどう対応すべき??

 

痛み」というとき、最も分かりやすいのは「針で刺されると痛い」「つねられると痛い」といった、身体的なものです。

しかし、痛みとは実に複合的なものです。

したがって、治療を効果的に行うためには、「痛み」について詳しく知る必要があります。

そこで、今回は看護において欠かせないトータルペイン」という概念についてご説明していきます。

トータルペインを理解することで、あなたが理想とする看護がうっすら見えてくるかもしれません。

 

終身看護におけるトータルペインについて

画像出典rcpi-live-cdn.s3.amazonaws.com

 

【PR】
看護師の転職を考えている方は
こちらがオススメです♪

 

・トータルペインとは

 

トータルペイン:4つの痛みの総称

 

トータルペインとは以下の4つの痛みの総称を指します。

 

1. 身体的苦痛

2. 社会的苦痛

3. 精神的苦痛

4. スピリチュアルペイン

 

 

画像出典:群馬大学医学部附属病院 緩和ケアセンター

 

治療を効果的に行うためには、特にトータルペインの考えが重要です。

まずは、それぞれの苦痛が関係し合っていることを理解しましょう。

同じ痛みでも不安や抑うつが 強ければ、痛みをより強く感じやすくなることが様々な研究で分かっています。

そのため心理面のサポートと身体的な痛みの治療を同時に行うことが大事なのです。

 

トータルペイン①:身体的苦痛

 

身体的苦痛とは:直接的な痛みのこと

 

身体的苦痛とは、だるさや息苦しさなどの直接的な痛みのことを指します。

看護師は患者さんの現状を正確に把握し、また今後起こりうる症状を予測し対応できるように準備をしなければなりません。

 

身体的苦痛への対応:患者さんの現状を把握し、発生する可能性のある症状を予測する

 

就寝看護におけるトータルペインとは.

参考記事:看護師国家試験

 

身体的苦痛を和らげるためには上記で述べたように患者さんの現状を正確に把握することが大切です。

そのためにも普段からの患者さんとのコミュニケーションが非常に重要になってきます。

患者さんの体調の変化を敏感に感じ取り、病状の進行を予測できるようになりましょう。

 

▶ 次ページへ:社会的苦痛とは??

 

【PR】
看護師の転職を考えている方は
こちらがオススメです♪

 

関連する記事


困りごととキーワードが合致していないことの怖さ【がんと暮らしを考える会・賢見卓也理事長インタビュー2】

がんと暮らしを考える会・賢見卓也理事長インタビュー第2回です。第1回では、賢見さんがNPO法人で行っている「社会的苦痛」へのアプローチについて詳しく伺うことが出来ました。今回は賢見さんの「過去」を徐々に紐解いていく内容となっています。

看護の仕事はどこまで? 【がんと暮らしを考える会・賢見卓也理事長インタビュー1】

がんと暮らしを考える会の代表理事である賢見卓也さんインタビュー第1回。賢見さんは、一般通念からすると非常に広い看護観をお持ちの方。特に「社会的苦痛」に対する問題意識から様々なご活動を展開されています。そんな賢見さんからどのような教訓・知見が得られるのでしょうか? すべての「看護」に関わる皆様、必見の内容です!

【梅田恵先生インタビュー第4回】「看護師は、自分の幸せも大事に」

梅田先生インタビューシリーズ最終回となる今回は、緩和ケアの現状や今後の緩和ケア、そして現役のナースの皆様へのメッセージをご紹介します。特に、日本の緩和ケア黎明期における梅田先生の体験談はインタビュワーであることを忘れてしまうほどで、最終回の今回も見所満載です!