医療ソーシャルワーカー(MSW)とは??また、その業務内容とは?


 

医療ソーシャルワーカー」。

実際に医療業界にて働いていらっしゃる方以外、もしかしたら聞きなじみのあまりないお仕事かもしれません。

公益社団法人日本医療社会福祉協会によれば、医療ソーシャルワーカーとは「保健医療機関において、社会福祉の立場から患者さんやその家族の方々の抱える経済的・心理的・社会的問題の解決、調整を援助し、社会復帰の促進を図る業務を行う」方々とされています。

今回の記事では、そんな医療ソーシャルワーカーとは一体何かとその業務内容についてみていきたいとおもいます。

 

「maestria en educacion」の画像検索結果

画像出典:cogicor.com

 

医療ソーシャルワーカーとは?

 

先述の通り、医療ソーシャルワーカーとは、公益社団法人日本医療社会福祉協会によれば、次のようにされています。

 

  • 「保健医療機関において、社会福祉の立場から患者さんやその家族の方々の抱える経済的・心理的・社会的問題の解決、調整を援助し、社会復帰の促進を図る業務を行う」方々

 

つまり、医療ソーシャルワーカーとは、医師や看護師の方たちとはまた違った側面において患者さんやそのご家族を支えるお仕事です。

 

医療ソーシャルワーカーの業務内容その1:患者様からの相談に乗る

 

来院される患者様には、医療費の問題であったり、在宅で生活する上での問題だったり、様々な問題を抱えている方がいらっしゃいます。

そういった問題を抱えている患者様に対して、医療ソーシャルワーカーが担うメインのお仕事は次のようなものです。

 

  • ・公的医療費制度の説明
  • ・介護保険等の紹介
  • ・安心して治療に専念できるように支援すること全般

 

また、入院生活に疲れて、とにかく話を聞いてほしいという患者様もいるので、傾聴力を身に着けておくことも求められます。

 

医療ソーシャルワーカーの業務内容その2:外部との連絡 

 

最近は高齢化が進み、施設から入院されてくる患者様も多数いらっしゃいます。

その場合、その施設の相談員から入院したことの連絡を受けたり、こちらから治療経過や退院目途の連絡をしたりするのも医療ソーシャルワーカーの業務になります。

また、他にも次のような業務があります。

 

  • ・入院中の患者様が医療費が支払えない場合、生活保護担当につなぐ
  • ・入院中の患者様が介護保険を申請する場合、役場の方との連絡調整を行う
  • ・入院中の患者様から転院の相談を受けた場合には、他院の医療ソーシャルワーカーに相談連絡をする

 

あるいは、救急病院の場合には、事故や事件で入院されてくる患者様もいるため、警察や保険会社の方と連絡をやりとりするケースも稀にあります。

 

「medical worker calling」の画像検索結果

画像出典:veterinarypracticenews.com

 

▶ 次ページへ:縁の下の力持ちの医療ソーシャルワーカーのお仕事内容とは??


関連する記事


医療ソーシャルワーカー(MSW)の課題は…地位・認知向上?!

医療ソーシャルワーカー(MSW)は、何かの組織があってはじめて存在します。このため存在は薄いですし、組織の補佐的動きしかできませんし、利用者さんに対して無償で働いているので疎ましく思っている関係者もいます。今回はMSWの課題を3つお伝えしますので、一人でも多くの方がMSWの現状について知ってくださると幸いです。

医療ソーシャルワーカー(MSW)の給与は高い?低い?

今回は医療ソーシャルワーカー(MSW)の給与面について解説していきます。医療ソーシャルワーカー(MSW)は医師や看護師の支え役ですので、給与もその程度だと覚悟してください。福祉業界の中でいえば基本給は高いですが、手当等がつかないので、手取りとしてはそれほどの差は出ないと思います。