医療ソーシャルワーカー(MSW)の課題は…地位・認知向上?!


 

医療ソーシャルワーカー(MSW)は、何かの組織があってはじめて存在します

このため、存在は薄いですし、組織の補佐的動きしかできません。

また、いくら一生懸命働いたところで、報酬は発生しないので、施設や病院の中で疎ましく思っている方もいる事実があります。

今回はMSWの課題を3つお伝えしますので、一人でも多くの方がMSWについて知ってくださると幸いです

 

msw_problem

画像出典:school-social-worker-certificate-online_1200.jpg

 

医療ソーシャルワーカー(MSW)の課題1:周知徹底

 

現在、高齢化社会になってきますが、「医療ソーシャルワーカー」と言われてなんだかわかるピンとくる方が何人いらっしゃるでしょうか?

おそらく病院等で実際に相談をしていても「私たちの役職はわかりますか?」と尋ねたところで、「ソーシャルワーカー」と答えられる方はほんの一握りでしょう。

高齢者の方にとっては、「相談係」という名称の方がよっぽどわかりやすいと思います。

しかし、実際は、医療ソーシャルワーカーを名乗っているのですから、ソーシャルワーカーが存在していること、どんな仕事をすることができるのか等を明記したものを、大々的に宣伝する必要があります

玄関や掲示板、病院に入院した方でしたら入院案内の片隅にでもお知らせを入れておくと、皆様に存在・役割等を知ってもらうことができるでしょう。
▶ 次ページへ:医療ソーシャルワーカーの地位は低い!?

 


関連する記事


医療ソーシャルワーカー(MSW)の給与は高い?低い?

今回は医療ソーシャルワーカー(MSW)の給与面について解説していきます。医療ソーシャルワーカー(MSW)は医師や看護師の支え役ですので、給与もその程度だと覚悟してください。福祉業界の中でいえば基本給は高いですが、手当等がつかないので、手取りとしてはそれほどの差は出ないと思います。

【体験談】看護師の私が夜勤でくぐり抜けた修羅場エピソード

看護師をしている以上、避けて通れないのが「夜勤問題」。生活サイクルが一般の方と違うことによって生じる弊害や、夜勤のしんどさが理解してもらい辛いしんどさなど、「夜勤をする生活」自体がまねく困った事態もあります。看護師6年目の時に経験した、そんな修羅場をご紹介したいと思います。

オーラル・フレイルの対策3選。早期発見に必要なこととは?

高齢者の口腔を取り巻く状況から、口腔の筋肉や活力が衰えてくると、歯や口の機能のほか全身状態も同時に低下してきます。これを受けてオーラル・フレイルが検討されています。早い話、口腔機能は全身状態を映す土台にもなっています。本記事ではオーラル・フレイルの基本的な対策を3点紹介します。