医療ソーシャルワーカー(MSW)の課題は…地位・認知向上?!


 

医療ソーシャルワーカー(MSW)は、何かの組織があってはじめて存在します

このため、存在は薄いですし、組織の補佐的動きしかできません。

また、いくら一生懸命働いたところで、報酬は発生しないので、施設や病院の中で疎ましく思っている方もいる事実があります。

今回はMSWの課題を3つお伝えしますので、一人でも多くの方がMSWについて知ってくださると幸いです

 

msw_problem

画像出典:school-social-worker-certificate-online_1200.jpg

 

医療ソーシャルワーカー(MSW)の課題1:周知徹底

 

現在、高齢化社会になってきますが、「医療ソーシャルワーカー」と言われてなんだかわかるピンとくる方が何人いらっしゃるでしょうか?

おそらく病院等で実際に相談をしていても「私たちの役職はわかりますか?」と尋ねたところで、「ソーシャルワーカー」と答えられる方はほんの一握りでしょう。

高齢者の方にとっては、「相談係」という名称の方がよっぽどわかりやすいと思います。

しかし、実際は、医療ソーシャルワーカーを名乗っているのですから、ソーシャルワーカーが存在していること、どんな仕事をすることができるのか等を明記したものを、大々的に宣伝する必要があります

玄関や掲示板、病院に入院した方でしたら入院案内の片隅にでもお知らせを入れておくと、皆様に存在・役割等を知ってもらうことができるでしょう。
▶ 次ページへ:医療ソーシャルワーカーの地位は低い!?

 


関連する記事


医療ソーシャルワーカー(MSW)の給与は高い?低い?

今回は医療ソーシャルワーカー(MSW)の給与面について解説していきます。医療ソーシャルワーカー(MSW)は医師や看護師の支え役ですので、給与もその程度だと覚悟してください。福祉業界の中でいえば基本給は高いですが、手当等がつかないので、手取りとしてはそれほどの差は出ないと思います。

男性介護士のメリット・デメリット 〜長期間働けばキャリアアップも〜

あなたの職場に男性の介護職員はいらっしゃいますか。あるいは介護職への転職をお考えの男性かもしれません。もしかしたら、今がチャンス?今回は男性介護士のメリット・デメリットをお伝えしたいと思います。介護職のこれからを考える上での一助になれるよう解説いたします。

ポリファーマシーに対して薬剤師に求められることと実際の仕事

医療現場において薬剤師はポリファーマシー対策を以前から行っています。ポリファーマシー対策における薬剤師の仕事について説明します。ここでは現場でよくある<国><医師><患者さん>の3つの視点からポリファーマシーに対して薬剤師が求められていることをお伝えします。