ケアマネジャーの必要性を考えてみた ex.高齢者の道標、法律違反防止など


 

近頃、「ケアマネジャーは不要」という話が巷では噂になっています。

それ故、将来的にケアマネジャーはなくなってしまうのではないかと不安を抱いている方もいます。

では、本当にケアマネジャーは不要なのでしょうか。

仮にもし、そう問われることがあれば私はNOと答えます

ここではケアマネジャーがなぜ必要なのか、ケアマネジャーの必要性について考えてみました。

 

「高齢者」の画像検索結果

画像出典:medellahealthcarellc.com

 

ケアマネジャーの必要性とは?? 

 

ケアマネジャーの必要性①:高齢者と事業所を繋ぐため

 

高齢者介護を必要としますと、ケアマネジャーがいない場合自分で事業所を探して調整をしていかなければなりません。

確かに、元気な方であればできるかもしれません。

しかし、寝たきりや認知症の高齢者にそれができるのでしょうか。

ケアマネジャーは、持っている知識や情報を駆使して、高齢者に最適な事業所を紹介します。

ケアマネジャーは日ごろから様々な事業所とかかわっています。

例えば、デイサービスではすべてのデイサービスが同じサービスを提供している訳ではありません。

リハビリに力を入れているところ、入浴設備が最新のものを入れているところ、レクリエーションに力を入れているところなど、様々な特徴があるのです。

その特徴をしっかりと把握したケアマネジャーだからこそ、高齢者に最適なサービスを提供することができるのです。

また、ケアマネジャーが間に入って、事業所と高齢者の間の関係がスムーズにいくように調整することもできるのです。

 

▶ 次ページへ:ケアマネジャーが法律違反防止のためには必要!?

 


関連する記事


看取りにおける看護計画(ケアプラン)の重要性〜寄り添う気持ちを行動に起こすということ

看取りでは対象となる患者さんや家族の希望を十分に考慮して、本人が残された人生を可能な限り充実させ自然な最期を迎えるための援助をしていきます。その際、看護師がどのように援助していくかの方向性を示すのが看護計画です。今回は、看護計画立案あたっての最も大切なアセスメントについて一般的な事項を挙げていきます。

褥瘡を予防するための看護計画 〜リスク把握はできていますか?〜

褥瘡は皮膚の一部がただれたり潰瘍ができるだけではなく、真皮や骨にまで達するほど悪化する場合もあります。一度できてしまうと治癒に時間がかかり心身ともに負担がかかります。褥瘡に関わる看護ケアについては「予防」と「治療」の観点がありますが、今回は「予防」の視点からお伝えしていきます。