介護支援専門員であるケアマネジャーに求められるスキル4選

 

みなさんは、「ケアマネジャーと呼ばれる専門家たちを、本当にご存知ですか?

介護保険制度などのサービスを使う場合には、様々な申請を行わなければサービスを受けることはできませんが、高齢者には難しいような書類作成や計画立案、評価、実際の介護サービスの調整などを行っているのがケアマネジャーです。

本記事では、ケアマネジャーをより深く知るべく、ケアマネジャーに求められるスキルには一体どのようなものがあるかについて考察します。

 

「memory clinic」の画像検索結果

画像出典:mhr4c.com.au

【PR】
看護・介護系資格の取得を目指す人は
こちらがオススメですよ♪

 

ケアマネジャーに求められるスキル4選

 

ケアマネジャーに求められるスキル①:専門的な知識

 

ケアマネジャーは、高齢者に不利益を与えることは許されていません。

利益を提供していくのも大切な仕事の一つです。

例えば、介護保険を使うということは高齢者に利益をもたらすものとなります。

高齢者の中には介護保険のことを知らない、知っていても使えないという方もいますので、ケアマネジャーが専門的な知識を使って、介護申請から利用までをサポートします。

知識がないと「知らなかった」となってしまい、本当は使える制度が使えないこともあります。

そうなってしまいますと不利益を与えることになってしまいますので、専門的な知識は必要となります。

 

ケアマネジャーに求められるスキル②:迅速な対応

 

高齢者は日々状態が変化してしまいます。

昨日まで元気だった高齢者が急に体調を崩して入院することもあります。

そのため、ケアマネジャーに求められるものとしては迅速な対応があります。

高齢者から求められてもすぐに動かないケアマネジャーは、良い専門家とはいえません。

いつまで経っても対応をしてくれない、動いてくれないではクレームに繋がる可能性もあります。

すぐに対応をすることによって、高齢者との信頼関係も築いていきやすいです。

さらに、問題なども早期に解決することができます。

 

「看護」の画像検索結果

画像出典:grotundseemann.de

 

▶ 次ページへ:ケアマネジャーに求められる資質とは??

【PR】
看護・介護系資格の取得を目指す人は
こちらがオススメですよ♪

関連する記事


【ホームホスピス神戸なごみの家(代表)松本京子さんインタビュー第1回】「暮らしの現場で看護の力を」

ホームホスピス神戸なごみの家と訪問看護ステーション、デイサービスなどを経営・管理される松本京子さんにインタビューに伺ってきました。第1回では、松本さんが現在何をしているのか、どういった経緯で現在に至ったのかという点についてご紹介致します。