認定看護管理者とは? ~看護管理におけるスペシャリストとしての資格~

 

看護師として経験を積む中で、ステップアップとして考えるのが「資格の取得」です。

看護師が取得できる資格には様々なものがありますが、「認定看護管理者」という資格を皆さんはご存知でしょうか?

日本看護協会が定めるこの「認定看護管理者」という資格は、

 

管理者として優れた資質を持ち、創造的に組織を発展させることができる能力を有すると認められた、いわば「看護管理のスペシャリスト」

 

としての資格です。

今回は「認定看護管理者」についてまとめてみたいと思います。

 

認定看護管理者

画像出典:uhhospitals.org

 

認定看護管理者とは

 

認定看護管理者 目的

 

日本看護協会はこう定義しています。

認定看護管理者制度の目的は、多様なヘルスケアニーズを持つ個人、家族及び地域住民に対して、質の高い組織的看護サービスを提供することを目指し、看護感謝の資質と看護の水準の維持及び向上に寄与することにより、保健医療福祉に貢献すること

各専門分野の中での「認定看護師制度」と同様に、日本看護協会が定めた「管理者」の「スペシャリスト」としての認定資格が「認定看護管理者」なのです。

では認定看護管理者とは実際にどのようなことをするのでしょうか?

 

認定看護管理者 業務内容

 

患者・家族や地域住民に対しより質の高いサービスを提供できるよう、自身が管理する組織の 課題を明らかにし、組織内の様々な部署や人に働きかけて、組織全体のサービス提供体制の 向上に取り組みます。

また、地域の組織間の連携を図るなど、地域全体の医療・看護の質の向上 に努めます。

具体的には下記のような業務を行います。

・保健、医療、福祉の政策等に関する知識や組織管理に必要な理論、経営的な視点等を用いて自身 の管理する組織を分析し、サービスの質を向上するための方策を検討、実行

・看護師が知識と技術を身につけ看護の質を向上できるよう、教育体制を整え人材育成を推進し、 質の高いサービスを効率よく提供できるような職員の資質を活かした配置

・労働環境の整備やワークライフバランスの推進など、看護師が継続して働きやすい職場環境整理

・医療事故を防ぎ、安全な医療・看護を提供するための教育や体制の構築を行い、組織としての安全管理

引用:日本看護協会 認定看護管理者ってどんな看護師?

 

「Certified Nurse Administrator」の画像検索結果

画像出典:chron.com

 

認定看護管理者 取得看護師数

 

日本看護協会が認定する「認定資格」では、看護師としての臨床経験が5年以上、各専門分野での経験が3年以上必要となります。

「認定看護管理者」はこれらに加えてさらに専門的な経験や資格が必要となるため、その門は非常に狭いと言えます。

「認定看護管理者」は2014年時点で2,362が登録されています。

2014年時点の就業看護師数は108万6779人ですので、その登録者数の少ないことがよく分かります。

2016年10月時点では2983人となっています。

 

▶ 次ページへ:認定看護管理者になるには??

 

関連する記事


認定看護師、専門看護師になることのメリット5選

専門看護師と認定看護師は、専門領域の勉強をして資格を取るのですから、キャリアアップの面で大きな利点があります。では、具体的にどんなメリットがあるのでしょうか? 本記事では、両者の資格を取得することで得られるメリットを5つにまとめてご紹介します!

レクリエーション介護士に必要とされる資格とは? 

レクリエーション介護士は、一般社団法人日本アクティブコミュニティ協会の認定資格。レクリエーション介護士には2級と1級があり、受講条件があります。今回はそれらの受講条件についてご説明します♪