緩和ケアにかかる費用、比べてみました!「病棟」と「在宅」の差って?


 

緩和ケア病棟、ホスピスと呼ばれる施設ではどれくらいの費用がかかるのか知っておられる方は少ないでしょう。

そこで働いている看護師も具体的にどれくらいの費用がかかるのかを知らない方が多いと思います。

今回は病棟在宅ではどれくらい金額の差があるのか、費用の面で比べてみました。

 

hospice_money_compare

画像出典:cdn.thedailybeast.com

 

【PR】
看護師さんで転職を考えている方は
こちらがオススメです♪

緩和ケア病棟の費用は?

 

緩和ケア病棟に入院した場合、医療費は1日49260円かかります。

自己負担が3割の場合は14778円、2割の場合は9852円になります。

それに食事療養費(食事代)が360円/1食がかかってきます。

その他、部屋代の差額ベッド代金がかかります。

緩和ケア病棟は無料の個室もありますが、有料の個室も多く、安くても1日5000円程度はかかります。

単純に計算しますと、自己負担が3割の患者さんでも14778円×30日で一か月約45万円になります。

 

非常に高いですね…。しかし、割引があります。

 

70歳未満であれば高額療養費が適応されますので、一般的な所得がある場合は月の医療費は82000円程度、食事療養費360円×3食で1日1080円×30日で32400円となります。

合計、一か月あたり約11万円の費用が必要となります。4か月目からは医療費が減額され44100円となり、食事療養費と合わせて一か月約80000円になります。

70歳以上であれば健康保険が適応されるため、医療費は月に44100円程度となり、食事療養費の32400円を加えて一か月約80000円の費用が必要となります。

その他、部屋代の差額ベッド代金、寝衣のレンタル料、電気使用量、テレビカードなど負担はどんどん増えます。

個室料金は1日5000円だったとしても、上記のような料金が積み重なっていくと合計で一か月15万円は軽く超えるでしょう。

また、ご家族が毎日、病院に通われるとするとご家族の交通費、食費等も必要となってきます。
▶ 次ページへ:在宅療養での費用は?

 

【PR】
看護師さんで転職を考えている方は
こちらがオススメです♪

 


関連する記事


【田村恵子京大教授インタビュー1】ホスピス先駆者のイマ語り ~京大教授と対話とヒトデ~

日本を代表するホスピスナース、京都大学大学院の田村恵子教授のインタビュー記事第1回です。約30年に渡る臨床経験を持ち、がん看護専門看護師の草分けとしてもご活躍された田村先生に、約3時間みっちりとお話を伺えました。まずは、現在のご活動内容からスタートです!!

【田村恵子京大教授インタビュー2】なぜ京大教授に? ~教授公募の裏側、田村恵子と現象学~

田村恵子先生のインタビュー第2回です。今回は、下記のような内容を収録しております。なぜ京大教授に就任されたのか?/なぜ「現象学」にご興味を持たれたのか?/田村先生の人生を変えた、全身が震えたある言葉とは? 実践者であり研究者でもある田村先生の含蓄溢れるお言葉の数々。 是非ご覧下さい!