認知症ケアにおける家族の悩みの種。〜在宅で実行できる食事を拒否された時の対処法をご紹介♪〜


 

認知症ケアその人の暮らし全体を支えていくことが大前提になってきます。

生活支援の大半を占めている、暮らしを支えていくということは本当に大変です。

「その人らしく安心して安全に暮らす」ことを意識して生活を支えていかなければなりません。

今回は、そんな認知症ケアの中でも、認知症患者に食事を拒否された時の対処法についてご紹介していきます♪

 

食事における認知症ケアとは?4.

画像出典:healthflexhhs.com

 

食事に対する拒否とその対象法とは?

 

食事をはじめ、服薬や入浴の拒否など、ときには介護者自身そのものを拒否されてしまう場合もあります。

拒否にはたいてい理由があります。

しかし、当事者本人は出現している症状によって、その理由を上手に表現することができません。

ここでは在宅で遭遇しやすい食事に対する拒否場面を その対処法別にみていきたいと思います♪

 

食事拒否における対処法1:原因を考える

 

まずは、何より患者さんがなぜ拒否をするのか、原因を考えてみることが大切です!

突然食事を拒否するようになったのか、それとも長い時間をかけて少しずつ食べなくなってきたのか、などを探ってみましょう。

一緒に生活している家族だからこそ、普段の様子から異変を察知して、観察する目が養れてくるのではないかと思います。

 

食拒否における対処法2:食事の時間をずらしてみる

 

認知症になると、昼間の活動性が低下してくるため、今までと同じ時間帯では空腹にはいたっていないのかもしれません。

時間帯をずらしてみたり、食事の回数を考えたりなど、本人に合った食事形態を提供していくようにしてみましょう♪

 

画像出典:hdnux.com

▶ 次ページへ:食事拒否における対処法3 嗜好品を取り入れてることが大事?

 


関連する記事


【体験談】高齢化社会が進む現代。認知症治療における看護師の役割について考えてみました

「認知症」の方を介護するご家族の苦労は、言葉で言い尽くせないくらい、とても大変なことだと思います。高齢化社会に突入し、認知症に対する国民の意識も一気に高まってきました。これらのことを踏まえ、認知症治療における看護師の役割について、二つに分けて考えてみたいと思います。

タクティールケアの定義と目的、そして気になるその魅力的な効果とは??

「タクティールケア」をご存知でしょうか?タクティールケアとはスキンシップによる非言語的コミュニケーション方法の一つです。実は、タクティールケアは近年、より一層関心を集めているのです。今回の記事では、タクティールケアの定義と目的、そして気になるその効果について説明していきます!