患者さんのこころ強い味方。治療費を軽減させる「高額療養費制度」とは?


 

治療を受け、療養する際に心配なことのひとつに、”治療費が高額になったらどうしよう”ということがあると思います。

そこで、医療費の家計負担が重くならないよう「高額療養費制度」というものがあります。

高額療養費制度を理解することで、患者さんが抱える治療における金銭面の負担を軽減できる可能性が高くなります。

高額療養費制度についてしっかり学んでいきましょう♪

 

高額療養費制度とは

画像出典:planodesaude.net.br

 

高額療養費制度とは

 

高額療養費制度とはひと月(月初めから末日まで)の医療機関や薬局の窓口で支払う医療費が一定の金額(自己負担限度額)を超えた場合、その超えた金額が支給される制度のことを言います。

 

高額療養費制度の対象と自己負担額

 

毎月の自己負担額の上限は年齢や所得によって分けられます

以下では70歳未満の患者さんの自己負担額をご紹介します。

70歳未満の区分

平成27年1月診療分から

 

高額療養費制度とは

注)「区分ア」または「区分イ」に該当する場合、市区町村民税が非課税であっても、標準

報酬月額での「区分ア」または「区分イ」の該当となります。

 

▶ 次ページへ:高額療養費制度 70際以上75歳未満の方の自己負担額は?

 


関連する記事


日本と海外での尊厳死・安楽死の認識の違い ex.スイスで自殺幇助が許されるワケ

現在、安楽死が認められている国はスイス、オランダ、ベルギーやアメリカの一部の州となっています。 これは現在日本が国家として承認している196カ国から見ると、きわめて少ないように感じられるかもしれません。 今回は安楽死について、日本と外国とではどのようなとらえ方の違いがあるのかを見ていきましょう。

訪問リハビリは手続きや手順は面倒?~窓口、対象者、実際の流れについて簡単に整理しました~

ケガなどで入退院し、在宅でもリハビリを継続したいと希望される方は多いと思います。本人、家族は身近なスタッフに質問をしてくることもありますが、知識が乏しいと必要な手順を伝えることに手間取るかもしれませんね。ここでは、訪問リハビリ導入にあたり必要な手順や対象を説明していきます。