在宅ホスピスとは? ~最期まで「心に寄り添う」仕事。看護師が働くうえでのメリットも解説~


 

在宅ホスピス、ターミナルケア、緩和ケア……

積極的治療を望まず、苦痛を緩和して人間らしい最期を迎えたいと思う人が増えています。

このような需要の高まりを受け、「在宅ホスピス」はどのような仕事内容なんだろう?給料は?働き方は?といった、その他サービスとの違いについて気になっていらっしゃる方も多いと思います。

今回は、在宅ホスピスとは何かにつき、施設型ホスピスとの待遇面、精神面の違いを念頭に置きながらご説明していきます

 

在宅ホスピスVS施設ホスピス

画像出典:stcuthbertshospice.com

 

 

【PR】
看護師さんで転職を考えている方は
こちらがオススメです♪

 

 

1.ホスピス?緩和ケア?在宅?それぞれの用語を解説

 

まずは、終末期医療で用いられる様々なケアの種類について解説します。

 

緩和ケア:治療中の心と身体のケアに焦点。苦痛を取り除く治療

 

緩和ケアは、心と体の苦痛をやわらげ、自分らしい生活を送れるようにするケアのことです。

とくに、ホスピス緩和ケア病棟の利用対象となる患者さんは、現在の保険診療上は「主として苦痛の緩和を必要とする悪性腫瘍の患者又は後天性免疫不全症候群(エイズ)の患者」となっています。

治療に当たるのは「緩和ケアチーム」と呼ばれる、がん診療に携わる医師や看護師、薬剤師、栄養士などです。

彼らはチーム一丸となって、がん患者さんとその家族を支えます。

治療を受ける場所としては、1治療中の病院 2「緩和ケア病棟」のある施設 3自宅 の3種類があります。

 

参考文献:

緩和ケア.net がんの症状と「緩和ケア」

日本ホスピス緩和ケア協会

「似ているようで違う、「ターミナルケア」と「緩和ケア」の違いについて」

 

 

ターミナルケア:余命がわずかになった人へ…最期の時に向けた自然なケア

 

ターミナルケアは、終末期医療や終末期看護とほぼ同義です。

末期がんなど治療が見込めず余命がわずかになってしまった人へのケアをします。

ターミナルケアは治療を行わないということが、緩和ケアとの違いです。

治療としては医師・看護師・介護士などが連携し、痛みの緩和のための薬の処方から、じょくそうを作らないための身体のケアなどがあります。

場所としては自宅でのケアか、施設でのケアを選びます。

参考文献:サ高住ノート「ターミナルケアと緩和ケアの違いは?」

 

▶ 次ページへ:ホスピスの用語の意味とは??

 

【PR】
看護師さんで転職を考えている方は
こちらがオススメです♪

 


関連する記事


その人らしい最期を迎えるための「在宅ホスピス」の現状:なぜ普及率が低いのか?

人生の最後をどこで迎えたいですか?在宅ホスピスとは病気の治療が難しく余命が短いと診断された方が最後の時は自宅で自分らしく過ごそうというものです。ホスピスへの期待度がは年々高くなっています。しかしホスピスってなんとなくしか知らないっていう方が多いのではないでしょうか?ホスピスの現状と課題を見ていきましょう。

在宅看護は「人生のファーストチョイス」としての価値がある【日本ホスピスホールディングス・高橋 正社長インタビュー2】

日本ホスピスホールディングスの高橋 正社長インタビュー記事第2回です。「2025年までに1万人の看取り支援」というビジョンを掲げる日本ホスピスホールディングスには、どのような工夫があるのでしょうか? 看取りを自分事として取り組むなら、本記事は必読です!

看護師がホスピスで働くということ〜最期まで自分らしく生きる為のサポートとは〜

『ホスピス=死を迎える場所』という認識の方が多く、看護師の方でも特別な意識を持つ方が多くいます。しかし、『死=絶望』ではありません。ホスピスは「死ぬまで自分らしく生きられるようにサポートするケア」なのです。今回はホスピスで働くことの意義、今後について体験談を交えてご紹介させていただきます。

「家族」のような在宅ホスピスケアを目指して【日本ホスピスホールディングス・高橋 正社長インタビュー1】

在宅ホスピス業界に大きな動きがありました。すなわち、これまで堅調な成長を続けてきたナースコール社、カイロス・アンド・カンパニー社のホールディングス化の動きです。今回は、「日本ホスピスホールディングス」の高橋 正社長にお話を伺いました!