看護師がホスピスで働くということ〜最期まで自分らしく生きる為のサポートとは〜


 

ホスピスと聞くと何を思い浮かべますか?

『ホスピス=死を迎える場所』

という認識の方が多く、看護師の方でも特別な意識を持つ方が多くいます。

しかし、『死=絶望』ではありません。

ホスピスは死ぬまで自分らしく生きられるようにサポートするケア」なのです。

今回はホスピスで働くことの意義、今後について体験談を交えてご紹介させていただきます

 

ホスピス、看護師

画像出典:rational-t.com

 

ホスピスとは

 

ホスピスの起源とは

 

ホスピス」という概念は、決して古いものではありません。

おおよそホスピスを説明する際には、「日本ホスピス緩和ケア協会」の資料が引用されることが多いので、以下に引用させていただきます。

 

これまでの医療は、治癒させることに専念するあまり、治癒できない場合の対応がほとんど考えられていませんでした。治癒できなければ延命策を講ずるという図式が連綿と続けられていました。『検査・診断・治療・延命』という4つの働きが近代病院の目的と考えられてきたからです。
しかし、たとえば、病状の進行した癌患者さんの何割かが直面する激しい痛みや息苦しさ、変化する病状への不安に対しては、この4つの流れのなかで対応するには限界があります。
このような状況下におかれた患者さんの痛みと不安を、何とかやわらげてあげたい・・・。それがホスピスを誕生させたときの願いでした。
この考え方を本格的に実践してみせてくれたのが1967年、シシリー・ソンダース医師が率いたイギリスのセント・クリストファー・ホスピスです。(「ホスピスってなぁに?」より引用)

 

現在のホスピスは、癌などの重症・末期症状患者の看取りターミナルケアを行う施設などのことを指す言葉として使用されています。

 

ターミナルケアと緩和ケアの違いについて知りたい方は〈こちら〉へ

 

ホスピスケアの目的とは

 

「痛み」とは、身体的なものだけではありません。

その人からあらゆる苦痛を取り除き、心も身体も安らかに人生をまっとう出来るようにサポートする

つまり、身体的、心理的、社会的、そして精神的或いはスピリチュアルな面を含む、多面的な苦痛が軽減され、患者さん本人、そして患者さんの家族が、死を受け入れられるようになる

 

これが、ホスピスケアの最大の目的です。

 

ホスピスケアについて詳しく知りたい方は〈こちら〉へ

▶ 次ページへ:ホスピスの種類とは??

【PR】
看護師さんで転職を考えている方は
こちらがオススメです♪


関連する記事


その人らしい最期を迎えるための「在宅ホスピス」の現状:なぜ普及率が低いのか?

人生の最後をどこで迎えたいですか?在宅ホスピスとは病気の治療が難しく余命が短いと診断された方が最後の時は自宅で自分らしく過ごそうというものです。ホスピスへの期待度がは年々高くなっています。しかしホスピスってなんとなくしか知らないっていう方が多いのではないでしょうか?ホスピスの現状と課題を見ていきましょう。

「わたしはホスピスナースです」という自己紹介の意味 byラプレツィオーサ伸子

看護師をしている人なら誰でも「大変なお仕事ですね」と言われた事があるのでは?そんな時どんな風に答えますか? 実はわたしは、ホスピスナースである事をあえて言わない時期がありました。というのも、私が「ホスピスナースだ」と言った後の、相手のリアクションにどう対応したらよいか分からなかったからです。

【緩和ケアに係る診療報酬改定2016】がん治療中の外来患者の在宅医療への連携の充実(用語説明付)

平成28年度(2016年)の診療報酬改定では、在宅領域(在宅医療・訪問看護・(ホスピス)緩和ケア・看取り)に関わる制度改定が多数行われました。今回は、中でも「(ホスピス)緩和ケア」に関わる改定項目(「がん治療中の外来患者の在宅医療への連携の充実」)を、用語解説を含めてご説明します!