病院勤務の看護師が語る、訪問看護の魅力3選


 

超高齢化社会を迎える2020年に向けて、看護師の役割もどんどん広がってきています。

厚生労働省が提唱する「地域包括ケアプラン」では、在宅での介護や看護の役割が非常に重視され、そこで活躍する訪問看護師の役割や魅力も今まで以上に大きくなっていくことは確実です。

 

病院で働く看護師が転職を考える際に、「訪問看護師」への転職を候補に入れる人も増えてきているようです。

そこで「訪問看護師」とはどのような仕事なのか、どんな魅力があるのかまとめてみたいと思います。

 

「visiting nursing」の画像検索結果

画像出典:hcsservices.org

 

【PR】
看護師の転職を考えている方は
こちらがオススメです♪

 

まえがき ~訪問看護(在宅)と病院の違いとは~

 

訪問看護とは、「疾病又は負傷により居宅において継続して療養を受ける状態にある者に対して、その者の居宅において看護師などが行う療養上の世話又は必要な診療の補助をいう」と厚生労働省はその役割を記しています。

つまり、疾患の急性期の状態を病院で治療し、その後の回復期・維持期を自宅にて経過する患者さんを様々な角度からサポートすることが訪問看護であり、そこで活躍するのが訪問看護師なのです

 

中でも病院とは大きく違うのが、「介護保険制度」。

病院の「保険診療制度」ではどんな治療を、どの患者さんが受けてもその診療費は一律になります。

しかし、介護保険の場合は、介護度や患者さんの状態によって、個々にサービスの内容や費用が異なります

 

また、家族との関わりも大きなポイントになります。

患者さんのご自宅に訪問する訪問看護師は、病院よりも長く家族と接する時間が多いため、患者さんの家族にとって、サポート的な役割を持っています。

 

以上を踏まえ、訪問看護の魅力を3つ挙げてみます。

 

「Question」の画像検索結果

画像出典:cdn.elegantthemes.com

 

訪問看護の大きな魅力3つ

 

訪問看護の魅力1 〜時間の流れ方が違う〜

 

病院での勤務では勤務時間の間、一度に何人もの患者さんの受け持ちをすることになります。

看護と業務との両立が必要となるため、一人の患者さんにじっくり関わるということが難しい場合も多いかと思います。

 

しかし、訪問看護は患者さんの自宅にお伺いして、じっくりとケアや看護を展開することができます

決められた時間の中ではありますが、一人の患者さんだけに関われる時間が確保できるということは、忙しい日常に追われる病院看護師にとって、とても大きなメリットに感じる場合が多いのではないでしょうか?

訪問看護師への転職を考える看護師の多くがこの魅力を口にします。

 

最近では、新人看護師も「いずれは訪問看護へ」という目標を持っていることも珍しくありません。

病院で様々な技術や知識を身につけて、将来はそれを活かせる訪問看護師へと考えています。

その理由にはやはり「患者さんとゆっくり関われる」が圧倒的に多いです。

 

また、日々の関わりだけでなく、訪問看護は長期的な目標の設定が可能になることも魅力的です。

訪問看護においては、入院期間中だけの看護計画だけではありません。

訪問看護が必要な期間、一生涯というように、長い期間で看護を展開することができます。

これもまた訪問看護師の魅力といえるのではないでしょうか。

 

▶ 次ページへ:訪問看護の魅力2 〜看護師としてのスキルアップとは?

 

【PR】
看護師の転職を考えている方は
こちらがオススメです♪

 


関連する記事


看護師が訪問看護に行かず病院にとどまる理由とは?

多くの場所で活躍する看護師の中でも、今後その役割が重要視されているのが「訪問看護師」です。しかし、魅力的な訪問看護師の仕事ですが、今一歩踏み出せずに、結局病院での勤務を続けている人も少なくありません。今回は病院看護師が訪問に行かず病院にとどまる理由について考えてみたいと思います。

【体験談】病棟看護師からだと不安? 転職前に知っておきたい訪問看護師の仕事

昨今、看護師の転職先の選択肢の一つとして訪問ナース(訪問看護師)という選択肢があります。ですが、どうやら色々な側面から訪問ナースは少しネガティブイメージが強いよう。実際の現場では訪問看護師はどのようなものなのか、「不安あるある」に沿って述べていきたいと思います。

【体験談】訪問看護師に50歳で転職して反省・後悔したこと

「アラフィフ」になり、夜勤がある病棟勤務が体にこたえるようになったころ。50歳の時に訪問看護に転職。管理者としての転職だったのですが、出来れば「もう少し若い間に転職していればよかった」と後悔している体験や所感についてお話します。

【体験談】訪問看護師に26歳で転職したときに行った4つの工夫@yukimama

yukimamaさんによる体験談記事です。高校卒業後、看護大学に通って22歳で看護師・保健師資格を取得。4年間北海道の某病院の病棟勤務を経験した後、結婚を機に上京し、ゆったりと仕事をしたいと思い、訪問看護の道を選んだ彼女が訪問看護師に転職した際に行った工夫を、4つにまとめていただきました!