【インタビュー(動画)】ファミリー・ホスピス鴨宮ハウス 看護師スタッフ


 

ファミリー・ホスピスに勤務されている看護師の方に、お話を伺ってきました。

看護師経験は22年病院での看護経験も5年以上)。

入社のきっかけや経緯、大変なこと、嬉しいことなどなどをお聞きしましたが、
現場の雰囲気がよく伝わる動画になっているかと思います。

 

時間も5分弱ですので、空き時間に気軽にご覧ください♪

 

 

インタビュー後の小話にて

 

ファミリー・ホスピス鴨宮ハウスで働く中で、印象深いエピソードはありますか?

 

病院では食事を摂らなかった入居者が、鴨宮ハウスでは食事を取るようになったことです。

たとえば、

  • ・入居者の食べられる量を食べられる形で提供したり、
  • ・病院と違って調理している匂いを感じてもらい食事の時間だと認識したり、
  • ・樹脂製の食器ではなく普通の家庭と同じ瀬戸物の食器を使用することが本人とって食べる楽しみ・喜びを感じてもらえたり。

こうしたことが、食事を摂ることに繋がったのではないか思います。

 

患者さんとのコミュニケーションはどうですか?

 

スタッフ自身も一緒にお茶を飲んでおしゃべりをすることもあります。

患者さんに応じて柔軟に関わることが出来るので、働いているスタッフ自身も精神的に消耗することがないかと思います。

 


 

ファミリーホスピス鴨宮ハウスについて
「もっと詳しく知りたい!」
「実際にお話を伺いたい!」
という方は、
下記のリンクから問い合わせてみて下さい♪

 

もっと詳しく知りたい方

 

実際にお話を伺いたい方

 

 


関連する記事


矢印は、自分でもロールモデルでもなく目標に向けるもの【がんと暮らしを考える会・賢見卓也理事長インタビュー3】

がんと暮らしを考える会・賢見卓也理事長インタビュー第3回(最終回)です! 今回は、NPO法人代表として、いち看護師として、そして男性看護師の一人としての賢見さんのご意見を伺いました。特に「男性看護師であること」に対するご所見は必見の内容です!

【田村恵子京大教授インタビュー2】なぜ京大教授に? ~教授公募の裏側、田村恵子と現象学~

田村恵子先生のインタビュー第2回です。今回は、下記のような内容を収録しております。なぜ京大教授に就任されたのか?/なぜ「現象学」にご興味を持たれたのか?/田村先生の人生を変えた、全身が震えたある言葉とは? 実践者であり研究者でもある田村先生の含蓄溢れるお言葉の数々。 是非ご覧下さい!

在宅看護は「人生のファーストチョイス」としての価値がある【日本ホスピスホールディングス・高橋 正社長インタビュー2】

日本ホスピスホールディングスの高橋 正社長インタビュー記事第2回です。「2025年までに1万人の看取り支援」というビジョンを掲げる日本ホスピスホールディングスには、どのような工夫があるのでしょうか? 看取りを自分事として取り組むなら、本記事は必読です!

【田村恵子京大教授インタビュー3】「看護」に対する表裏2つの疑問

今回は田村恵子先生の「過去」の部分を徐々に掘り下げていきます。ご自身が引っかかったことに対してつい正直に疑問を抱え、行動に移してしまう田村さんの「なんでグセ」は、「看護」を遠ざけるものであったとともに、「看護」に魅せられるきっかけでもあったのです。その全貌は、本稿で明らかになることでしょう。