助産師とは?〜女性看護師だけに認められた、お産のプロフェッショナル〜


 

看護師であれば、「助産師になりたい」「助産師資格を持っている」などと身の回りの人から一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。

聞いたことはあるけど、仕事内容まできちんと理解出来ているかと言われれば疑問が残りますよね。

赤ちゃんを取り上げるときだけが助産師の仕事ではありません!

ここでは、改めて助産師資格や、仕事についてあれこれまとめてみたいと思います。

 

助産師、看護師

画像出典:richmondmom.com

 

【PR】
看護師の転職を考えている方は
こちらがオススメです♪

 

助産師の資格について

 

・助産師は女性のみが取得できる国家資格

 

助産師現在女性のみが取得できます。国家試験合格率はほぼ90%以上です。

 

・助産師の国内有資格者は約4万人に届く勢い

 

平成28年度約38000人です。有資格者は毎年約2千人ずつ増加しています。

 

・助産師になるためには看護師資格が必要になる

 

助産師になるには看護師の資格取得が前提です。

3年制の養成校や短大などで看護師資格を取得した後、助産過程のある学校へ入学し学ぶ必要があります。

4年制の看護師養成大学では、卒業と同時に看護師国家試験と助産師国家試験の受験資格が得られます。

助産過程のある学校は、専門学校だけではなく大学や大学院などがありますが、数看護師養成校に比べて数が少なく、入学難易度が高いと言われています。

 

「Midwife」の画像検索結果

画像出典:jp.pinterest.com

▶ 次ページへ:助産師の具体的な仕事内容とは?

【PR】
看護師の転職を考えている方は
こちらがオススメです♪

 


関連する記事


院内感染の定義、原因から感染経路までわかりやすく解説しました!

病院というところは清潔感があるように見えて、一番汚染されているところなのかもしれません。院内感染には実はちゃんとした定義があり、原因についてもいろいろで感染経路についても様々で、病院だからこそ発生してしまう細菌まであります。今回は院内感染について、その定義・感染経路などを丁寧に説明していきます。

実務者研修とは〜資格の取得方法やメリットなどもお伝えします〜

看護師にとっては、仕事仲間として身近になりつつある介護士。その中でも国家資格である介護福祉士は、実務経験を積みながら取得する方法もあるのです。今回は、実務経験を積みながら介護福祉士を目指している人が必ず受講する「実務者研修」についてお伝えします。

新人看護師がキャリアアップの為にはじめに取るべき資格5選

看護師資格を取得するまで、徹夜を幾度も乗り越え、何度も実習で涙し…そんな苦労を重ねてようやく資格取得した頃は、新たに資格を取ろうとは思いもしなかったことでしょう。ですが、専門的な知識をさらに高めることは看護師としての大きなキャリアアップに繋がります。ここでは、新人さんにイチオシの資格を5つご紹介します!