【看護師泣かせの患者さんまとめ】笑い、感動、ちょっとしたホラーも!?


 

看護師を続けていると、必然的に数多くの患者さんと出会うことになります。

そこで、ビーナースでは複数人の看護師さんに、「(色んな意味で)記憶に残る患者さん」についての体験談を寄稿してもらっています。

今回は、そんな看護師泣かせの患者さんエピソードをまとめてみました

前半では具体的な患者さんのエピソードを、後半では一般的にあるあるな困った患者さんをまとめています。

自分の体験も振り返りつつ、笑いあり・感動あり・恐怖ありの患者さんエピソード、存分にお楽しみください!!

 

看護師泣かせ、患者さん、まとめ

画像出典:i.kinja-img.com

 

看護師泣かせの患者さんエピソード ~面白編~

 

エピソード1:〇〇の中にBB弾を詰めた患者さん

 

子どもが遊んでいてしばしば起こるアクシデント、BB弾

 

エアーガンで使われるBB弾

小さな子供には「美味しいお菓子」に見えてしまうんでしょうね。

間違って食べてしまったという問い合わせを含め、血相を変えて救急外来に子供を連れてくる親御さんもたくさんおられます。

実際に飲み込んでしまったのであれば、子供の「自然の力」で排出してもらうしかありません。

親御さんにはトイレで毎回、BB弾を確認してもらうように説明します。

そんなBB弾との戦いの中で最も壮絶なものが、鼻の中に入ったBB弾でした。

 

画像出典:langmobile.com

 

鼻の中にBB弾。その行方は…

 

患者さんは2歳のA君。

鼻の穴にBB弾を入れて遊んでいて、誤って奥まで入ってしまったと来院。

このような場合は、逆の鼻の穴をおさえて、勢いよく鼻から息を出せば出る場合が多いのですが、A君にはその動作が理解できず、我々医療従事者に囲まれるのが怖くて泣きじゃる始末。

担当医も親御さんも困っていました。

どうしようかという雰囲気に包まれていた次の瞬間、A君のくしゃみと同時に室内に跳ねるBB弾。

スタッフも、親御さんも思わず「出たー!」と叫んでいました。本当にホッとした瞬間でした。

 

エピソード2:麻酔を断固拒否する患者さん

 

明らかに「その筋」なんですけど、、、

 

ある夏の日の救急外来に飛び込みでやってきたBさん。左足を怪我したと来院されました。

その風貌は明らかに「その筋」のお方で、パンチパーマにサングラス・・・!

一緒に来られた付き添いの方も同様の風貌。待合室に異様な空間へと変化しました。

状況を確認すると海水浴に来ていて岩場で左足の拇指を切ったとのこと。

見ると5cm程度の切創があり、じわじわと出血していました。

担当医の診察後、縫合処置をすることになり準備をしていました。

その時Bさんは「こんな小さな傷に麻酔はいらんから、麻酔するなよ!」と担当医にすごい迫力で詰め寄っていました。

麻酔しなければ痛いですよと何度も繰り返し担当医は説明していましたが、Bさんは断固拒否。

5cm程度とはいえ、傷は深く、また海での怪我でしたので、感染にも注意し十分な創洗浄が必要になります。

 

画像出典:gomerblog.com

 

麻酔はしっかり使いましょう

 

渋々Bさんの意向に従い、麻酔せずに創洗浄を行いました。

痛みに歪むBさんの表情。しかし、痛いとは言いません。

麻酔はいらないと断固拒否してしまった手前、引くに引けない状況だったのでしょう。

声を押し殺しながら痛みに耐えるBさん。

「麻酔して処置させていただきますね」と担当医が声をかけると、「勝手にしろ!」と答えるBさん。

担当医もホッとした表情で麻酔をし、創洗浄、縫合の処置を行いました。処置を終え、ばつが悪そうに救急室を出て行くBさん。

少し可愛く見えてしまいました。笑

 

エピソード3:ご臨終です・・・って、大家族過ぎて病室に入りきれてませんけど!

 

みんなに囲まれて、子供10人、孫15人、ひ孫5人、その他親戚多数!

 

88歳の大往生でなくなったお婆ちゃん。

お元気な時から、明るくとても頼りがいのある「ザ・昭和のおかん」タイプで、子供10人の子だくさん大家族です。

ご臨終時には、親戚一同大集合でもう個室に到底入りきらない、あふれちゃってます。

こんな風に賑やかにみんなに囲まれて人生を終えるのはとても微笑ましく、羨ましいですね。

 

でも・・・看護師は交通整理に大変!

ベッドに上りまくるひ孫たち、病院に向かう親戚からの鳴り止まぬ電話。

個室の前に椅子を並べたり、入る順番を誘導したり、ひ孫を預かったりで大忙しです。

忘れられない思い出です。

 

画像出典:tampabay.com

 

エピソード4:つぎつぎ求婚、振られまくる患者さん

 

30代後半の男性患者さん、看護助手から検査技師までつぎつぎ求婚。ついにお母さんまでが!

 

30代の男性患者さん。

骨折で入院されていたのですが、とにかく「彼女欲しい」「結婚したい」オーラが凄いんです。

受け持ちをすれば必ず、「退院して元気になったらデートしてください。結婚を前提にしたお付き合いお願いします」というカードを手渡され、次回の受け持ちで「返事を聞かせてください」と恐怖のがぶり寄りが待っている!

 

お母さんが菓子折り持参で、詰所にご挨拶「どなたかよろしくお願いします」とのこと。

最終的にはみんなに振られて、医師にも厳重注意され師長が担当に・・・。笑

若い看護師さんに囲まれて、誰かいけると思っちゃったのかもしれませんね!

 

画像出典:borgenmagazine.com

 

エピソード5:腹痛の原因…実は…〇〇なんです、、、

 

エアーコンプレッサーで遊んでいたら…

 

腹痛にて来院されたCさん。

下腹部の強い痛みを訴えておられました。

問診にて便秘や下痢、食中毒や感染性腸炎等、痛みの原因について確認していると、Cさんの口から思わぬ一言が。

同僚と仕事中にエアーコンプレッサーで遊んでいて、お尻から空気を入れられてからなんだか調子が悪いんです…」。

 

画像出典:sorrywatch.com

 

ちょっとした冗談から手術へ発展

 

自動車整備工場で働くCさんは、タイヤの空気を入れる際に使用するエアーコンプレッサーで遊んでおり、ふざけた同僚がCさんのお尻にノズルをあて空気を噴射。

それが偶然ピンポイントであたっており、腸内に空気が入ってしまったとのこと。

腹部レントゲンで腸穿孔時にみられるフリーエアーを確認。

ものすごい勢いで腸内に入った空気で腸が破れてしまったというわけです

その後Cさんは緊急手術となりました。

冗談が大惨事になってしまった悲しいお話です。
 

 


関連する記事