看護部長の4つの業務内容。そして、求められる役割とは?


 

看護部長は、看護部のトップリーダーとして様々な業務、役割があります。

しかしその内容は、実際に看護部長をやった人でなければ分からないことも多いのではないでしょうか。

今回は看護部長の業務内容についてわかりやすく概説してみたいと思います。

 

nursingdirector

画像出典:cdn.shutterstock.com

 

【PR】
看護師の転職を考えている方は
こちらがオススメです♪

 

看護部のトップリーダー。それが看護部長

 

看護部長はその名の通り、看護部のトップリーダーです。

看護部長は看護部内で働くスタッフをまとめ、看護部が行う全ての業務を統括し、全ての責任を背負う立場にあります。

したがって組織が大きくなれば、看護部長が請け負う業務も当然多くなり、その役割も重要なものになるのです。

今回は看護部長の業務内容として4つを挙げていきます。

 

▶ 次ページへ:看護部長の業務内容といえば、まず?

 

【PR】
看護師の転職を考えている方は
こちらがオススメです♪

 


関連する記事


看護部長、看護師長、主任看護師...管理職の年収は高い?安い?

看護師の年収は、働く場所や労働条件により様々ですが、管理職になると収入はどのように変化するのでしょうか。今回は看護部のトップリーダーである看護部長、看護師長、主任看護師の年収についてまとめてみたいと思います。3者の比較で見える看護部長の役割とは?!

看護部長になると勤務時間は長くなる?短くなる?

看護部長の勤務時間は一体どれくらいなのでしょうか。現場で働く看護師にとっては、看護部長の正確な勤務時間はよくわからないですよね。定時で帰宅している看護部長もいれば、夜遅くまで残務や会議に追われる看護部長など、その実情は様々です。今回は看護部長になると勤務時間は長くなる?短くなる?という部分に注目していきます。