ビールに合う高級おつまみ5選、仕事終わりはコレ!

 

食事を選ばずに対応できるビールは、しっかりと日本の食文化の中に根付いています。

しかし、ビールにはどんなつまみが一番良いのか?と考えたときに、その答えは簡単ではありません。

特に最近は大手ビール会社のバランスの取れた味わいの商品だけでなく、クラフトビールが増え、味わいに特徴や差があるビールが増えてきました。

今後は、ますます個性的なビール個性的なおつまみの組み合わせを、丁寧に楽しむ機会が増えそうです。

そんな、丁寧にビールを楽しみたいときに役立つ、おいしくて高級なおつまみをご紹介します!

 

ビールに合う高級おつまみその1:丹波黒えだまめ

 

居酒屋で定番の、ビールに合う高級おつまみです。

 

画像出典:kurotaro.co.jp

 

丹波黒えだまめ おすすめポイント

 

枝豆は大豆を若いころに収穫したもの。

そして、丹波地方に古くから伝わる大粒で柔らかい黒大豆「丹波黒」を早期に収穫したのがこちらの黒枝豆です。

冷凍枝豆では決して味わえない、強い豆の香り、甘味とほっくりとした食感が素晴らしく、ビールが何杯でも進んでしまいます。

旬の時期は10月の2週間ほどしかない希少な枝豆ですので、季節の喜びも含めて楽しめるおつまみですね。

 

購入はこちら!

 

ビールに合う高級おつまみその2:ドイツソーセージ

 

ビール発祥の地で生まれた定番おつまみ

 

画像出典:gourmet-world.co.jp

 

ドイツソーセージ おすすめポイント

 

ビールの本場といえば最初に思い浮かぶ国はドイツ

ドイツでは地方や造り手によってビールの味に様々な違いがあり、また地方色豊かなソーセージも同じように作られています。

今回ご紹介するのは、ドイツを代表する良質なソーセージを食べ比べられるセットです。

どのビールには、どのソーセージが合うのか?

普段はあまり考えずにゴクゴクと飲んでしまいますが、ちょっと丁寧な時間としてじっくりとお楽しみください。

 

購入はこちら!

▶ 次ページへ:ビールに合う高級おつまみその3は??

 

【PR】
看護師の転職を考えている方は
こちらがオススメです♪

 

関連する記事


明日から水筒の中身はコレ!糖尿病予防に有効なお茶5選

糖尿病予防に有効なのは、運動、食事、睡眠のバランスでした。今回注目するのは食事の中でも、お茶です。お茶は身体にいいということは特に意識せず当たり前のことと理解していましたが、糖尿病予防という視点で見るとどうなるでしょうか?今回は糖尿病予防に有効なお茶を5つご紹介します。