【体験談】訪問看護業務でしでかした失敗2選! 患者さんのケアだけに必死になった結果・・・


 

訪問看護には、病院とは違った難しさがあります。

病院時代には考えてもみなかったことが大切になる場合があります。

今回は先輩看護師が失敗した経験を例にあげ、訪問看護ならではの気をつけなければいけないポイントをご紹介させていただきます。

ここでも大切なのは”相手の気持ちを考えてケアを行なう”ということです。

 

「visiting nurse」の画像検索結果

画像出典:medstarvna.org

 

訪問看護師の業務での失敗その1.物も使い方は十人十色です

 

訪問看護は患者さん宅の物を使用します

 

病棟業務では、ケアに必要な物はもちろん患者さんの物を使用させていただきますが、緊急入院時や身寄りのない方などのために必要な物は病棟単位でストックされています。

ですから、コスト意識もなく、大量に使用していました

しかし、訪問看護では薬や医療器具等については持参しますが、それ以外の物は全て患者さん宅の物を使用させていただきます

準備していただく物品については事前にお願いしているのですが、忠実に準備していただけることは少なく、ご自宅にある物で代用することも多くあります

 

患者さんそれぞれに違った使い方があることを意識しましょう

 

訪問看護では本当に多くの物品を患者さんからお借りします。

極端なことをいうと、清拭、部分洗浄に使用するお湯もすべて患者さん宅の物を使用させていただくのですが、結構大変なのです。

患者さん一人ひとり、個性があるように、物の使い方にも多種多様です。

例えば、

  1. 1 陰部を拭くタオルは分けてほしい
  2. 2 陰部を拭く時は使い捨ての物を使ってほしい
  3. 3 湯や水を出す時は勢いよく出さない
  4. 4 ティッシュは2枚になっているのを1枚ずつにして使ってほしい
  5. 5 電気は普段は使わない
  6. 6 オムツは汚れていない部分を切り取る(切り取った部分は、ためておき、又使う)
  7. 7 少しでも汚れているオムツは捨ててほしい

など、数えきれないくらいにあります。

患者さん宅にある物を使用するということは、すべてにコストがかかっているので、必要最小限に使用することを心掛けなければなりません。

 

「visiting nurse」の画像検索結果

画像出典:continuumhomehealth.org

▶ 次ページへ:訪問看護においてはご家族との関係も大切です


関連する記事


【体験談】訪問看護師に26歳で転職したときに行った4つの工夫@yukimama

yukimamaさんによる体験談記事です。高校卒業後、看護大学に通って22歳で看護師・保健師資格を取得。4年間北海道の某病院の病棟勤務を経験した後、結婚を機に上京し、ゆったりと仕事をしたいと思い、訪問看護の道を選んだ彼女が訪問看護師に転職した際に行った工夫を、4つにまとめていただきました!

【体験談】看護師から訪問看護師へ転職して感じた違いとは@yukimamaさん

近年、看護師から訪問看護師へ転職を考える人は増えてきてはいるものの、まだまだ少ないのが現状です。 そこで今回はyukimamaさんという現役訪問看護師の方に看護師になる前から、訪問看護師になってからの体験談まで包み隠さず執筆していただきました。 少しでも訪問看護に興味がある人は是非参考にしてみてくださいね。

【体験談】病棟看護師からだと不安? 転職前に知っておきたい訪問看護師の仕事

昨今、看護師の転職先の選択肢の一つとして訪問ナース(訪問看護師)という選択肢があります。ですが、どうやら色々な側面から訪問ナースは少しネガティブイメージが強いよう。実際の現場では訪問看護師はどのようなものなのか、「不安あるある」に沿って述べていきたいと思います。

【体験談】訪問看護師に50歳で転職して反省・後悔したこと

「アラフィフ」になり、夜勤がある病棟勤務が体にこたえるようになったころ。50歳の時に訪問看護に転職。管理者としての転職だったのですが、出来れば「もう少し若い間に転職していればよかった」と後悔している体験や所感についてお話します。