在宅看護にも活かせる、精神科看護による「傾聴」「生活支援」のスキルについて

 

精神科看護は「こころ」を見るケアです。

しかし、残念ながらどんなに経験や知識があっても、人間のこころを完全に理解することはできません。

患者さんのこころを見て瞬時にキャッチし、それがどのようなサインになっているのか察知できるセンサーこそ、精神科ならではの看護といえます。

これは精神科に勤務する看護師の醍醐味でもあります。

 

では、在宅に活かすことが出来る、精神科看護の経験とは何でしょうか?

それは「コミュニケーション」と「生活支援」です。

本記事で、それぞれ解説します。

 

mentalnurse

画像出典:liberty-rb.ru

 

【PR】
看護師の転職を考えている方は
こちらがオススメです♪

 

在宅に活かすことが出来る「傾聴」の技術とは?

 

精神科ならではのコミュニケーションとは、ズバリ傾聴に徹することです。

傾聴スキルはすぐに身に付くものではありません。

例えばカウンセラーもまずは傾聴に徹し、個別性に合わせて面接の技法を模索していきます。

傾聴は患者様の病状や状態を素早くキャッチすることができる、素晴らしいコミュニケーションです。

 

「気持ちのいいコミュニケーション」って?

 

個人的な見解ですが、気持ちの良いコミュニケーションができる人は、

相手がじっと聞く耳を持って、自分の話を最後まで聞いてくれる人」ではありませんか?

途中で話を遮断されたり、途中で話を折られたり、いつの間にか自分の話に置き換えられたりすると、本当に不快な思いをしますよね。

 

とくに精神を病んでいる人たちは、言葉を発することに予想以上に時間がかかります。

辛抱強くじっと待つことのできる姿勢は、精神科看護師ならではのスキルともいえます。

まさに忍耐そのものが傾聴の中に入ってきます

傾聴から患者様の状態を瞬時にキャッチして、病状の把握が出来るのではないかと、私は思います。

 

▶ 次ページへ:在宅介護に活かすことが出来る精神科看護のポイント?

 

【PR】
看護師の転職を考えている方は
こちらがオススメです♪

 

関連する記事


【体験談】看護師が精神科で働くからこそ得られる「こころ」や「家族の大切さ」とは? 

精神科で働く看護師は、日々の何気ない生活がいかに大切であると、気付く機会が多いのではないかと思います。当たり前である平凡で単調な生活ですが、精神疾患で病んでいる人たちは、このような当たり前の生活が突然遮断されてしまうのです。そんな患者様に寄り添い働く看護師だからこそ得られた学びを今回はお話ししたいと思います。

精神科の看護師の業務において必要な3つのスキルとは?

精神科は楽な仕事ではありません。時代が変わり、転職先に精神科を希望する看護師が増えています。一般科に比べると楽だからという理由だけで精神科を選択肢に入れてしまうと、後々後悔することにもなってしまいます。本記事では、精神科看護師の業務で必要とされることについて、経験者の立場から触れていきます。

【体験談】患者の「こころ」を支える精神科の看護師の役割とは?

精神科は一般科と違って「こころ」のサポートがメインになってきます。こころのサポートをする看護に答えはありません。答えがないからこそ、あらゆる計画を立て模索し、精神科看護を展開していきます。そんな精神科看護の役割について、体験談も含ませながら病棟別にみていきたいと思います。