ターミナルケアにおける看護師の役割 ~チームとしてのつなぎ役・相談役~

 

どのような場所で最期を迎えることになっても、看護師という職種は当事者や家族を支える一人になります。

目の前の患者さんが死を迎える前に、何かできることはないだろうか、そんな想いがきっかけでターミナルケアの分野に興味をもつ看護師も少なくはないでしょう。

では、いったいどういう働きをしているのでしょうか。

今回は、ターミナルケアにおける看護師の役割について考えてみましょう。

※ターミナルケアって何?と思った方はこちらへ!→似ているようで違う、「ターミナルケア」と「緩和ケア」の違いについて

 

ターミナルケア、看護師、役割

画像出典:answersforelders.com

 

【ターミナルケアにおける看護師の役割①】看護専門性によるケアの実施

 

患者さんの問題、全てを取り扱う

 

ターミナルケアにおいては、患者本人の身体的・精神的苦痛を取り除き、残された日々をいかに充実させて本人らしく生きていくかが重視されます。

看護師は、その専門性から疾患に関わる視点だけではなく、その人のおかれている環境や心理的な側面など患者本人を全人的に評価(アセスメント、見立て)を行い、そこから抽出された課題に対して看護計画を立てケアを行っていきます。

医師の指示のもと、疼痛緩和のための点滴などの医学的処置を行う他、入院生活・在宅生活での生活レベルでのニーズなどを拾い上げます。

看護計画に組み込む場合もあれば、必要な職種に繋ぐということ。

このケア内容は、定期的に見直しを行いながら、症状の経過やニーズに合わせて柔軟に変更していくことになります。

 

「nurse talk」の画像検索結果

画像出典:rebeccakenyonspeaker.com

 

【ターミナルケアにおける看護師の役割②】家族への支援

 

しっかりとした状況説明をし、家族の不安も取り除く

 

ターミナルケアにおいては、本人だけではなく患者さんを支えることが大切です。

いつか患者さんが旅立った後、自分たちの人生を歩んでいくことになる家族への支援も大きなポイントになると思われます。

その時重要なのが、本人や家族の意向です。

医師からの説明を受け、必要に応じて同意書を交わしたとしても、すぐに緊急事態が起こるわけではありません。

そして、すぐに現状を受け入れられるわけでもありません。

日々を過ごす中で、迷いや見通しのなさから不安感が繰り返し訪れてもおかしくはないのです。

看護師は患者や家族に身近に寄り添える職種です。

現在の状況の説明を行い、本人だけではなく家族についても不安感を和らげる役割も担っています。
▶ 次ページへ:ターミナルケアにおける看護師の役割その3とは??

関連する記事


海外と日本におけるターミナルケアの違いとは

日本におけるターミナルケアは、まだまだ病院で行われるイメージがありますが、欧米諸国では少し違うようです。「ターミナルケア」をめぐる日本と海外の違いについて知っておくことは、きっと日本のターミナルケアの発展にとって有益なものとなるでしょう。