「言葉で伝えることは重要である」の本当の理由【名古屋大学大学院・山内豊明教授インタビュー1】


 

フィジカルアセスメントの権威である、名古屋大学大学院医学系研究科・医学部保健学科の山内豊明教授にお話を伺うことが出来ました!

山内先生は、「看護のアイちゃん」という訪問看護アセスメントソフトの監修・開発者をされており、フィジカルアセスメントに関する著書も多数ご執筆されています。

さらに、医師でありながら看護師でもあるという異色の経歴をお持ちです。

 

また、山内先生のアセスメントの講義は非常に評判。

ある看護師さんから「話が分かりやすいうえに、人徳も素晴らしい」との前評判を得て、山内先生にお会いする機会をいただきました。

 

その前評判通り、非常に物腰柔らかに、本当に誰にでもわかりやすい表現で「看護のアイちゃん」「標準化と個別化の違い」「言語化することの重要性」などについてご説明くださった山内先生。

「看護」に関するご説明はさることながら、表現方法・言語化の部分でも、非常に学びの多いインタビュー記事となりました

 

山内豊明教授 プロフィール

 

山内豊明教授_看護のアイちゃん

 

≪略歴≫

1985年 新潟大学医学部医学科卒業
1991年 同大学博士課程修了、医学博士。内科医・神経内科医として通算8年間の臨床経験の後、カリフォルニア大学医学部勤務
1996年 ペース大学看護学部卒業、米国・登録看護師免許取得
1997年 同大学院看護学修士課程修了、米国・診療看護師(ナース・プラクティショナー)免許取得
1998年 ケース・ウェスタン・リザーブ大学看護学部大学院博士課程修了、看護学博士。
1999年 看護師、保健師免許取得。
2002年より現職

 

≪著書≫ ※監修を含む

山内 豊明『フィジカルアセスメント ガイドブック―目と手と耳でここまでわかる』(2011年12月、医学書院)

山内 豊明 (著), 荒井 有美 (著)『医療安全―多職種でつくる患者安全をめざして (看護学テキストNiCE)』(2015年4月、南江堂)

山内豊明 (監修), 岡本茂雄 (編集)『生命・生活の両面から捉える訪問看護アセスメント・プロトコル 改訂版』(2015年7月、中央法規出版)

大澤 智恵子 (著), 山内 豊明 (監修), パリウムケア (編集)『介護現場で活かすフィジカルアセスメント: 利用者の生命と生活を支える知識と技術』(2016年11月、中央法規出版)

桑原 美弥子 (著, 編集), 山内 豊明 (監修)『まるごと やりなおしのバイタルサイン: アセスメント力がつく! 正常・異常がわかる!』(2016年9月、メディカ出版)

・その他多数

 

山内豊明先生が定義する「看護のアイちゃん」

 

――山内先生が監修・開発された「看護のアイちゃん」はどのような役割を果たすソフトなのでしょうか?

 

「アイちゃん」というソフトは「業務の標準化ツール」です。

ただし、「標準化」という言葉は勘違いされがちなので注意が必要です。

 

実は、「標準化」は、「画一化・均一化」という意味ではありません

「標準化する」と言うと、「個別性があるのになんでも標準化していって・・・」と、「良くないこと」のように考える人もいるのですが、実はそうではないのです。

結論から言えば、標準化がないと個別性が存在しなくなります

 

例えばですが、病院で「うちの病院のユニフォームはこのデザインで、サイズは1サイズしかないので、このサイズのユニフォームを着てください。」と伝達するとします。これは「画一化」です。

この場合、背の高い人が着ると小さく感じますし、逆に身体の細い人が着るとぶかぶかになりますよね?

つまり、「先に指定の服があるので、それに合わせろ」というのが、「画一化」や「均一化」です。

先に「規格」があって、それに自分たちが合わせるということです

 

一方、「標準化」とは、「ユニフォームのデザインはこれで、サイズはS・M・Lの3サイズあります。その3サイズの中でどれがいいですか?」と言われ、「私は大型だからLかな」というように選ぶことを指します。

この標準化があれば、、「Lサイズの服着ると袖が長いので、Lの服を着て袖を2cmつめるとぴったり!」という具合に、「最もその人らしいもの」も簡単に定義できるようになります

 

これらの例から分かることは、「標準化」がなければ他との違いがわからないということです。

肩幅一つとっても、「私の肩幅は何cmくらいで、誰々は何cmです」と言われたところで、「スタンダード」がなければその人の肩幅が大きいかどうかがわからないですよね?

そういう意味で、「看護のアイちゃん」は「標準化ツール」であると考えています。

 

――なるほど。言葉の意味を混同してしまっている人は多そうですね。。。訪問看護においても「標準化」が必要だ、と。

 

訪問看護の患者さんにはそれぞれの生活があり、それは全く違った生活ですので、看護を行う人から「標準化したものを使って大丈夫?」と思われることがあります。

しかし、これも病院のユニフォームの例えに即してみるとその必要性が分かるかと思います。

 

たとえば、ユニフォームのデザインは決まっているけれども、サイズはオーダーメイドとします。

この場合、もし「標準」が無ければ、「その人」のサイズを測ったうえで袖の長さを決定するしかなくなります。しかも、「標準から見て上か下か」ということを想像することすらできないわけです。

それだとあまりに不便です。

 

だからこそ、まずは標準の長さが決まっている状態を作る。次に、その「標準」をベースにして、その人らしさを上乗せする

この考えが重要になります。

 

これまで医療や看護の業界では、「個別性」、つまり全員に違ったケアを行なうことが「一人ひとりを大切にするケア」だと言われていました

「標準化」という言葉なく「個別性」という言葉ばかりが先走っていました。

しかし、「個別化」は、まずは「標準化」ありきの言葉であり、標準を決めた上で「+α」を「オプション」と認識する必要があります

それがないと、先ほど申しましたように、何が何か全然整理が出来ない状態に陥ってしまいます。

「オプション」の部分(を認識すること)が、一番その人らしさが分かる部分だと私は思いますので、いつも「標準がないのに個別性というのはどうも変な世界だな」と思っていました。

 

▶ 次ページへ:看護のアイちゃん開発における作業と工夫とは??

 

【PR】看護のアイちゃん

「質の高い看護」を提供するため、
アイちゃんを導入してみませんか?
(お電話の場合、「ビーナースを見た」と言うとスムーズです!)

看護のアイちゃん468

↑こちらをクリックで、アイちゃん公式ページへ!

 


関連する記事


「虹」の色は何色だと思いますか? 認識論と看護の関係【名古屋大学大学院・山内豊明教授インタビュー2】

フィジカルアセスメントの権威である、名古屋大学大学院医学系研究科・医学部保健学科の山内豊明教授へのインタビュー第2回です!「山内先生がなぜ『伝わる』ことを重要視するようになったのか」という点を皮切りに、過去のご経験について伺っていきます。最後には現役看護師さんへのメッセージもいただきました。ぜひご覧ください。

ダメ看護師。変わる、変われる。【看護のアイちゃん徹底解説】

訪問看護に必要不可欠な訪問看護アセスメント支援ソフト。しかし、分かりづらさや費用の面で不満を抱えている看護師のかたは多いのではないでしょうか。今回はこれらの不満を解決する「看護のアイちゃん」というソフトをご紹介、解説します!

訪問看護アセスメントの強い味方!「看護のアイちゃん」について伺いました【広瀬純子さんインタビュー1】

セントワークス株式会社の広瀬純子さんにインタビューを行いました! 広瀬さんは、看護師として10年以上のご経験を経て、「看護のアイちゃん」という訪問看護のアセスメントツールの営業を行っていらっしゃいます。「質の高い看護」をサポートする「アイちゃん」。その全容、是非ご覧ください!