男性介護士のメリット・デメリット 〜長期間働けばキャリアアップも〜

 

貴方の職場に男性の介護職員はいますでしょうか

あるいは介護職への転職をお考えでしょうか。

職場に男性の介護職が入職した、男性で介護職への転職を考えている、今回はそんな方向けに男性介護士のメリット・デメリットをお伝えしたいと思います

 

caregiver-male

画像出典:soutaoboa.com

 

男性介護士のメリット:長期間働ける、力仕事はお任せあれ

 

介護は、人生の終末というプロセスをお手伝いする仕事です。

しかし亡くなられるまで、施設や病院を出られるまでを見届けられる人材は意外と少ないのが現状です

 

男性介護士のメリット1:長期間務めればキャリアアップしやすい

 

せっかくご入居者様や患者さんと信頼関係を築いても、介護から離れてしまったり、女性なら結婚や子育てを機に離職する方もいらっしゃいます。

それだけキツイ仕事ということかもしれませんが、それでは高齢者の方は安心してお世話をしてもらうこともままなりません。

身体機能や病歴、認知症のレベルなどをしっかりと把握するには時間がかかるので、長く勤めるほど入居者、利用者に詳しくなり、その知識は介護の質として活かされます

その為、結婚や子育てによって職を離れるリスクが小さいという点は他の職業以上に重要なポイントであると言えるでしょう

 

男性介護士のメリット2:力仕事を安心して任せられる

 

当然ながら、力仕事を安心して任せられる事もメリットです。

一人での身体介助はご入居者様・患者さんの身体機能によっては危険性が高いものの、まだまだ人手が足りず1人介助が行われるのが実情です。

男性の場合、相対的に女性より力が強いので、身体の大きな方や、下肢の筋力が低下して立てないような方の介助でも行えるなら、それも大きなメリットであるといえるでしょう。

貴方が介護への転職をお考えでも、上記の点がそのままメリットです。

介護現場では男性の、管理職候補の不足が問題となることもしばしば見られます。

ということは、それだけキャリアアップの機会が多いということでもあるのです
▶ 次ページへ:男性介護士のデメリットって??

 

関連する記事


実務者研修とは〜資格の取得方法やメリットなどもお伝えします〜

看護師にとっては、仕事仲間として身近になりつつある介護士。その中でも国家資格である介護福祉士は、実務経験を積みながら取得する方法もあるのです。今回は、実務経験を積みながら介護福祉士を目指している人が必ず受講する「実務者研修」についてお伝えします。

【体験談】訪問看護指示書の依頼方法のポイントをお教えします!

訪問看護は、訪問看護指示書のもと、患者(利用者)様のお宅へ訪問し、看護サービスを提供するものです。つまり、訪問看護をするには、訪問看護指示書がないことにはサービスを開始することができません。今回は、これまでの経験をふまえつつ、訪問看護指示書についての依頼方法のポイントについてお伝えしていきたいと思います。

具体例を交えて解説! 介護福祉士と社会福祉士の違いって?

介護福祉士と社会福祉士、何が違うの?そんな疑問をお持ちの方は多いと思います。名前も似ているし、働いている場所も似ています。しかし、その業務の内容は全くの別物!今回は、介護福祉士と社会福祉士、どう違うのかを見てみましょう。具体例を用いて解説しているので、一読してわかること間違いなし♩

体験談で分かる、ダブルケアの介護の実態とは?

ダブルケアをしている育児世代は全国で数約25万人いるといわれています。特に、ダブルケアに追われている方は女性が圧倒的に多く、30代〜40代が中心になっていると言われています。今回はダブルケアについて、その苦悩や実態を内閣府の調査や体験者の声も併せてご紹介します。