男性介護士のメリット・デメリット 〜長期間働けばキャリアアップも〜

 

貴方の職場に男性の介護職員はいますでしょうか

あるいは介護職への転職をお考えでしょうか。

職場に男性の介護職が入職した、男性で介護職への転職を考えている、今回はそんな方向けに男性介護士のメリット・デメリットをお伝えしたいと思います

 

caregiver-male

画像出典:soutaoboa.com

 

男性介護士のメリット:長期間働ける、力仕事はお任せあれ

 

介護は、人生の終末というプロセスをお手伝いする仕事です。

しかし亡くなられるまで、施設や病院を出られるまでを見届けられる人材は意外と少ないのが現状です

 

男性介護士のメリット1:長期間務めればキャリアアップしやすい

 

せっかくご入居者様や患者さんと信頼関係を築いても、介護から離れてしまったり、女性なら結婚や子育てを機に離職する方もいらっしゃいます。

それだけキツイ仕事ということかもしれませんが、それでは高齢者の方は安心してお世話をしてもらうこともままなりません。

身体機能や病歴、認知症のレベルなどをしっかりと把握するには時間がかかるので、長く勤めるほど入居者、利用者に詳しくなり、その知識は介護の質として活かされます

その為、結婚や子育てによって職を離れるリスクが小さいという点は他の職業以上に重要なポイントであると言えるでしょう

 

男性介護士のメリット2:力仕事を安心して任せられる

 

当然ながら、力仕事を安心して任せられる事もメリットです。

一人での身体介助はご入居者様・患者さんの身体機能によっては危険性が高いものの、まだまだ人手が足りず1人介助が行われるのが実情です。

男性の場合、相対的に女性より力が強いので、身体の大きな方や、下肢の筋力が低下して立てないような方の介助でも行えるなら、それも大きなメリットであるといえるでしょう。

貴方が介護への転職をお考えでも、上記の点がそのままメリットです。

介護現場では男性の、管理職候補の不足が問題となることもしばしば見られます。

ということは、それだけキャリアアップの機会が多いということでもあるのです
▶ 次ページへ:男性介護士のデメリットって??

 

関連する記事


実務者研修とは〜資格の取得方法やメリットなどもお伝えします〜

看護師にとっては、仕事仲間として身近になりつつある介護士。その中でも国家資格である介護福祉士は、実務経験を積みながら取得する方法もあるのです。今回は、実務経験を積みながら介護福祉士を目指している人が必ず受講する「実務者研修」についてお伝えします。

認知症治療で使用される薬とは?~中核症状、BPSDそれぞれ解説~

認知症の治療には薬物療法と非薬物療法があります。薬物療法を考えた場合、現在出現している、例えば中核症状やBPSDなどに合わせて薬物を選択していきます。今回はアルツハイマー型認知症に対する薬物療法について、中核症状とBPSDについてそれぞれみていきたいと思います。

日本と海外での尊厳死・安楽死の認識の違い ex.スイスで自殺幇助が許されるワケ

現在、安楽死が認められている国はスイス、オランダ、ベルギーやアメリカの一部の州となっています。 これは現在日本が国家として承認している196カ国から見ると、きわめて少ないように感じられるかもしれません。 今回は安楽死について、日本と外国とではどのようなとらえ方の違いがあるのかを見ていきましょう。