作業療法士とは?~看護師なら完璧に知っておきたい看護知識~


 

就職が難しい現代において、資格取得を目指す若者は多いです。

また一旦社会人として働いて、その後再度資格取得を目指す人も増えてきています。

そんな中で人気なのが医療系の資格です。

今回はそんな資格の中でも「作業療法士」についてまとめてみたいと思います。

 

画像出典:healthcaresalaryworld

 

作業療法士とは?

 

病院で働いている「リハビリスタッフ」は、セラピストと呼ばれ、いくつかの資格に分けられています。

その中の一つがOccupational therapist (OT)と呼ばれる作業療法士です。

国家資格であり、2015年時点で74,801人が登録されています。

多くが医療機関や老人福祉施設で働いています。

理学療法士作業療法士の違いについて疑問を持っている方もいると思いますので、次に作業療法士の仕事について説明していきます。

 

作業療法士ってどんな仕事?

 

作業療法と一緒によく取り上げられる理学療法は立つ、座る、歩くなどの動作回復を目的にしています。

作業療法は日常生活で行う全ての諸活動を「作業」として、病気により失われたそれらの「作業」動作の回復を達成することがゴールです。

具体的には自分で食事をする、靴が履ける、調理や掃除ができる

といった日常生活が実施できることを目標にして、様々な訓練を行います。

また身体的な疾患だけでなく、精神的な疾患を抱えた方に対しても通常の日常生活動作に加え、社会復帰を目標にした訓練も対象です。

WHOは作業療法の主目的は、人々が日々の生活の営みに参加できるようにすることであると提唱しています。

 

画像出典:tonigroup

 

▶ 次ページへ:作業療法士になる為には??

 

【PR】

看護・介護系の資格を目指す人は

こちらがオススメですよ♪



関連する記事


理学療法士とは?~高齢化社会を支える医療専門職の一つです~

超高齢化社会を迎える近年において、リハビリテーション専門職の取得を目指す人が後を絶ちません。地域包括ケアシステムなどの流れを考えると、より在宅で受けるリハビリが大切になってきます。今回はそんなリハビリテーションのスタッフの中でも、人気の理学療法士についてまとめてみたいと思います。

「何でも屋」とも呼ばれる作業療法士(OT)が在宅で果たすべき役割とは?

需要の多い作業療法士ですが、どんな仕事をしている人たちなのかイメージできますか?作業療法士(OT)自体は、病院や施設の多くに在籍している職種の1つのです。訪問リハビリテーションの現場でも理学療法士(PT)と同様に採用募集がかけられています。今回はこの作業療法士が現場でどのような役割を担っているのか見ていきます。

言語聴覚士とは ~コミュニケーションと摂食嚥下障害のスペシャリスト~

「リハビリの先生」というと理学療法士(PT)や作業療法士(OT)の方が身近かもしれません。でも、実はもう1職種。言語聴覚士(ST:エスティ―)と呼ばれる職種があります。では、言語聴覚士(ST)に為るためにどうすればよいか、また実際にどのような仕事を行なうのかを紹介します。

訪問リハビリの実施内容とは〜身体的なケアのみでなく、家族へのケアも大切な仕事です〜

介護予防への注目が集まり訪問リハビリという言葉が徐々に浸透してきていますが、実際のリハビリ内容となると理解されていない方は少なくないと思います。在宅に関わる全ての職種にリハビリの内容を確認して頂くことが必要です。今回は訪問リハビリ実施内容や視点についてご紹介させていただきます。

実務者研修とは〜資格の取得方法やメリットなどもお伝えします〜

看護師にとっては、仕事仲間として身近になりつつある介護士。その中でも国家資格である介護福祉士は、実務経験を積みながら取得する方法もあるのです。今回は、実務経験を積みながら介護福祉士を目指している人が必ず受講する「実務者研修」についてお伝えします。