訪問看護ステーションを開設するための費用っていくら必要? ~合算すると、、、○○○万円!?~

 

訪問看護ステーションを開設したい!

そんな高い志を抱いても、先立つものがなければ実現できません。 ・・・そう、資金や費用の問題です。

ここでは、医療法人ではなく、看護師自身が開設すると仮定した際に、どれだけの資金が必要になるのかについてお伝えします。

 

訪問看護ステーション、開設、費用

画像出典:highlandshospital.org

 

【PR】看護のアイちゃん

「質の高い看護」を提供するため、
アイちゃんを導入してみませんか?
(お電話の場合、「ビーナースを見た」と言うとスムーズです!)

看護のアイちゃん468

↑こちらをクリックで、アイちゃん公式ページへ!

 

●法人格の取得にかかる費用が必要

 

看護師が開設する場合には、法人格を持っていないはずです。

法人格には株式会社や有限会社、合同会社、合資会社、医療法人、社会福祉法人、NPO法人などがありますが、訪問介護ステーションの開設には、まず法人格の取得が必要なのです。

税理士事務所などに依頼した場合には、手数料を入れて20万円以上となります。

ただし、市町村などによっては新規創業に対しての支援金が交付される場合もあるようです。

利用できる制度がないか調べてみる必要があります。

※参考:介護事業開業経営相談サポート

 

「registration」の画像検索結果

画像出典:ag-accountingservices.my

 

●事務所のリフォームや家賃にまとまった費用が必要

 

次に、認定要件のひとつでもある事務所の準備が必要です。

自宅でも開設可能で、その場合の費用はかかりません。

しかし、訪問看護ステーションを効率的に運営するための広さの確保、職員の作業スペースの他、相談などの際に個人のプライバシーを保護できるような環境は、現実的には必要になるでしょう。

そのため、たとえ自宅であってもリフォームなどの費用が必要になりますし、新しく事務所を借りる場合には、賃貸契約にあたる諸費用や前家賃の支払いなどの費用を用意しなければなりません。

 

●訪問看護ステーション開設時の備品購入費ってどのくらい?

 

備品については、事業が進み始めれば足りないものを補充することになると思いますが、やはり開設時にまとめて購入しておくことをお勧めします。

たとえば、棚や記録などの個人情報を保管するロッカーに加え、職員が使用するパソコンなどの設備が必要です

立地を郊外にしたり、中古品で揃えるなど節約を行えば100万円以下に抑えることができますが、条件によってはそれ以上の資金が必要です。

 

▶ 次ページへ:結局必要な費用っていくら!?

 

【PR】看護のアイちゃん

「質の高い看護」を提供するため、
アイちゃんを導入してみませんか?
(お電話の場合、「ビーナースを見た」と言うとスムーズです!)

看護のアイちゃん468

↑こちらをクリックで、アイちゃん公式ページへ!

 

関連する記事


「虹」の色は何色だと思いますか? 認識論と看護の関係【名古屋大学大学院・山内豊明教授インタビュー2】

フィジカルアセスメントの権威である、名古屋大学大学院医学系研究科・医学部保健学科の山内豊明教授へのインタビュー第2回です!「山内先生がなぜ『伝わる』ことを重要視するようになったのか」という点を皮切りに、過去のご経験について伺っていきます。最後には現役看護師さんへのメッセージもいただきました。ぜひご覧ください。

在宅看護は「人生のファーストチョイス」としての価値がある【日本ホスピスホールディングス・高橋 正社長インタビュー2】

日本ホスピスホールディングスの高橋 正社長インタビュー記事第2回です。「年間1万人の看取り支援」というビジョンを掲げる日本ホスピスホールディングスには、どのような工夫があるのでしょうか? 看取りを自分事として取り組むなら、本記事は必読です!

「言葉で伝えることは重要である」の本当の理由【名古屋大学大学院・山内豊明教授インタビュー1】

フィジカルアセスメントの権威である、名古屋大学大学院医学系研究科・医学部保健学科の山内豊明教授インタビュー第1回です。山内先生は、「看護のアイちゃん」という訪問看護アセスメントソフトの監修・開発者で、アセスメントに関する著書も多数。看護に関するご説明はさることながら、表現方法・言語化の部分でも学びの多いインタビュー記事となりました。

海外と日本におけるターミナルケアの違いとは

日本におけるターミナルケアは、まだまだ病院で行われるイメージがありますが、欧米諸国では少し違うようです。「ターミナルケア」をめぐる日本と海外の違いについて知っておくことは、きっと日本のターミナルケアの発展にとって有益なものとなるでしょう。