看護師のサービス付き高齢者向け住宅(サ高住)での働き方って?


 

高齢化社会に向けて注目されている、サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)

平成26年5月時点での物件数は148,632件、戸数は4,626戸となっており、現在でもその数は増加し続けています。

そんなサ高住で働きたいと考えている人もいるのではないでしょうか。

実際にサ高住の看護師募集も増加してきています

本記事では、サ高住そのものの説明をしたのち、サ高住での看護師の働き方についてまとめていきます。

 

サ高住、看護師の働き方

画像出典:goldenmoustache.com

 

【PR】
看護師さんで転職を考えている方は
こちらがオススメです♪

 

サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)って?

 

そもそもの話ではありますが、サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)とは、「60歳以上の要支援、要介護者を対象とした福祉施設」です。

より詳しく言えば、バリアフリーであること、床面積は原則25㎡以上であることを基準として、各都道府県により認可を受けた施設です。

構造上の基準以外にも、安否確認、健康相談などのサービスを提供することが必要となり、これらの条件は高齢者住まい法にて管理されています。

 

なお、サ高住は介護サービスを直接提供する施設ではありません。

介護サービスが必要な場合は外部の介護事業所へ依頼をすることになります。

福祉施設のひとつではありますが、その目的は高齢者が安全に生活するための住居です。

一般的な借家と同様に、賃貸契約によって入居するので、敷金・礼金・月々の家賃が必要となります。

日常生活が自立した人が入居している場合が多いですが、現在では認知症、要介護度が高い人の入居も積極的に行う施設も増加しています。

運営母体も半数以上が民間企業であり、運営方法も施設ごとに様々です。

日中の主たる時間(9:00〜17:00程度)には、常駐者を配置することが法律で定められていますが、夜間の人員配置などは義務化されていません

 

「law」の画像検索結果

画像出典:thesaltlakedivorcelawyer.com

 

▶ 次ページへ:看護師のサ高住での働き方とは??

 

【PR】
看護師さんで転職を考えている方は
こちらがオススメです♪

 


関連する記事